熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

ウザい背景

週の真ん中に、こんにちわ。

大相撲界でとんでもない事件が起きてしまいましたね。 ビール瓶での殴打はダメですよ。
740年前の元寇(蒙古襲来)然り、モンゴル人は血の気が多いのでしょうか。 局長です。



――― さて、なんてことはない昨夜のお話。


20171115_ストレスフルな夜1

ちょっと仕事が立て込んでいたため、そろそろ日をまたぐという時間の帰宅となっていた。
そんな俺がリビングに入って、最初に視界に飛び込んできたのが、この光景だ。

かまくら型ベッドを3つも用意しておいたのに、なぜか丸型ベッドを2匹でシェア。



20171115_ストレスフルな夜2

真熊だけは、疲れて帰って来た俺を心配している様子が見て取れた。
優しいヤツだ。

それよりも、たった一日で猫の毛だらけになっているホットカーペットの無残な姿が目に付くが。



20171115_ストレスフルな夜3

俺の帰宅になど気付かず、かまくら型ベッドの中で熟睡していた寿喜も起きて来たが、これは決して俺を労っているわけではなく、早く晩ごはんの用意をしてもらおうと無言の催促をしているだけである。



20171115_ストレスフルな夜4

まぁ、そんな寿喜の厚かましい姿も写真に撮っておくかとカメラで追っていると、今度は膝から崩れ落ちるような光景が「背景」として後方に現れた。



20171115_ストレスフルな夜5

我が家の冬の風物詩、“石油にゃんヒーター” における、今シーズン初の “ダブルス” が展開されているのだ。

それぞれ “シングルス” での活動は開始していたのだが、満を持してこのタイミングでダブルスが。



20171115_ストレスフルな夜6

俺の疲労が倍増している状況を察知したのだろうか。
真熊がさらに心配そうな顔で俺を見つめていた。

呆れるほどに優しいヤツじゃないか。



20171115_ストレスフルな夜7

そんな優しい、『できるかな』(NHK)の “ゴン太くん” みたいなシルエットのポメラニアンの姿もちゃんと写真に納めておこうと、様々な角度からカメラを向けていると・・・・

どうしても背景に写り込む不愉快な “夫婦(めおと)猫” 。



20171115_ストレスフルな夜8

寒ければ寒いなりに、別の幸せを感じているんだろうな、この2匹は。

そんなことより、そこでゴロンしたら猫の毛まみれになるぞ、真熊よ。
こうして、俺の帰宅後の時間は、ホットカーペットのコロコロ掛けから始まるのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ちゃんと俺を労ってくれる真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

俺の疲労なんて微塵も心配しない親不孝ペア。



【今日の一言】

「朝青龍事件」の比じゃない大怪我に発展しているし、こりゃ厳しい処分になりそうですね。
 

| 日常 | 02:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今シーズンの寝床構成

火曜日の朝に、こんにちわ。

巨人のマイコラスにメジャーリーグ復帰の可能性が高くなってきたようで、ピンチです。
ただでさえ打てないチームなのに、二桁勝利投手がいなくなっちゃったら・・・・ 局長です。



――― さて、冬将軍が忍び足で近づいてきている今日この頃。


20171114_日常1

我が家の動物たちも、まるで申し合わせた上で足並みを揃えるかのように、みんなして一斉に動きが鈍くなってきている。

ふと目とやると、必ずかまくら型ベッドの中でぬくぬくとくつろいでいる。



20171114_日常2

暑がりの真熊も、さすがに最近はフローリングの上で寝そべるようなことはしなくなった。
そこまで季節感が狂っているわけではないらしい。



しかし、それ以上に挙動がおかしいのがコイツだ ―――


20171114_日常5

天然猫の寿喜

寒いときの猫は必ず丸くなって、少しでも温かくいようとするのだが、寿喜の場合は少し違って、仰向けになったり、うつ伏せになったり、かまくら型ベッドの中で激しくローリングを繰り返す。



20171114_日常3

にいなや真熊はジッとしているというのに、寿喜だけはシャッターを切るたびにフォルムが違っているのが見て取れるだろう。

くつろいでいるときですら落ち着きがないのだろうか。



20171114_日常6

そして、何かおねだりをしたり、文句を言ったりと、常にしゃべっている。
黙っているコイツを見ることは実に少ない。



20171114_日常4

同じ猫でも、このアスファルトみたいな色をした猫は、寒かろうが暑かろうが、ほぼ動かない。
動かなくてこの色なので、どうしても石像に見えてしまう。



そういえば、今シーズンは新たなベッドを導入した。


20171114_日常7

犬と猫の計4匹に対し、かまくら型ベッドが2つに、ひんやりクールハウスが1つ、丸型ベッドが一つという “寝床” 構成だったのだが、ひんやりクールハウスは文字どおり温かくないのか、実に不人気なのだ。

すると、いつも一匹だけ寝床を失ってしまう形だったので、一つ追加したのだった。



20171114_日常8

オープンになっている個所が多いので、むしろひんやりクールハウスよりも寒いような気がするのだが、真熊は大喜びで一番乗りをしていた。

さらに、速攻で眠気をもよおしていた・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

黙っている瞬間がない、おしゃべりな寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

動物の頭数と寝床の数がようやく合致。



【今日の一言】

マイコラス、メジャーなら2年9億以上ですって。 マネーゲームじゃ米国に勝てませんよ。
 

| 日常 | 01:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよなラブ | 2015~2016年 コメント皆勤賞

新しい週に、こんにちわ。

ドラマ 『スクール☆ウォーズ』 のモデル校となった伏見工業高ラグビー部が学校統廃合により名前がなくなっちゃうんですね。 ドラマの大ファンだったので残念です。 局長です。



――― さて、先週からお届けしている例のレポートも、いよいよ本日が最終章。


20171113_コメント皆勤賞1

お店から戻ったらお散歩です。
家の近くで、早速お友達に会いました。

【局長解説】
もう一度振り返るが、2015~2016年の2年間にわたり、わずか一日も休まずコメントを投稿しつづけ「皆勤賞」を達成した “ラブママ” さんの、間違った時間の使い方を称えるべく、副賞として「真熊と数時間好きに遊ぶ」特典を進呈したこの日。



20171113_コメント皆勤賞2

直ぐに駆け寄って甘えるまぐちゃん。
良かったね、まぐちゃん。

ではお散歩へ。

【局長解説】
ラブママさんによる、日によって文字量とテンションに差がある渾身のレポートを原文ママでお送りしています。



20171113_コメント皆勤賞3

ずんずん進むまぐちゃんと、歩みの遅いラブ。
2匹のお散歩って、慣れないせいかなかなか大変でした。

しばらく行くと、ポメ友達に会いました。

【局長解説】
右と左のどちらが真熊かお分かりだろうか。



20171113_コメント皆勤賞4

ゴレオくん、10歳の男の子です。
飼い主さんは少しご高齢の男性だったせいか、お互いあまり反応なし(ーー;)

こうしていつものラブのお散歩コース、一時間ほどをまぐちゃんは全部歩いてくれました。
ちなみにラブは最後10分ぐらいは抱っこになりましたが。

【局長解説】
真熊とタメだ。



20171113_コメント皆勤賞5

お散歩から戻り、少しお部屋で休憩です。
まぐちゃんをお預かりしてから初めて、我が家に来てくれました。

【局長解説】
なんか床を見るだけで、小洒落た家だと分かる一枚だ。
アンティークなオルゴールとかが飾ってありそうだ。



20171113_コメント皆勤賞6

まぐちゃんが我が家にいるなんて、夢のようです。
でも・・・

【局長解説】
暖炉もあるのではなかろうか。
鹿の首だけの壁飾りとかもデフォルトだろう。



20171113_コメント皆勤賞7

寝ちゃった。

しばらくすると、そろそろ父上が駅に戻ってくる時間に。

【局長解説】
どこでも臆することなく、且つ遠慮なく寝てしまうリラックスぶり。
緊張感の欠片もないんだな、キサマ・・・・



20171113_コメント皆勤賞8

少し早めに家を出て、駅の近くのお店で時間調整をすることにしました。

ラブと一緒にカートに乗って出発。
道行く人に視線を送るまぐちゃんと、カメラ目線のラブ。

でも・・・

【局長解説】
心なしかラブが疲れた目をしているが、やはりいきなり真熊がやって来たことで精神を消耗したのだろうか。



20171113_コメント皆勤賞9

寝ちゃった。

しかもラブまで・・・

【局長解説】
真熊もドッグカフェや散歩で電池が切れてしまったのだろうか。



20171113_コメント皆勤賞10

まぐちゃんに寄りかかって寝てる( ̄▽ ̄;)
今日は一日中遊んだので、さぞ疲れたことでしょう。

このあと局長がお迎えに来て、まぐちゃんとはお別れでした。
今日は一日、私と遊んでくれてありがとう。
またいつか、遊びに来てね。

【局長解説】
ラブも一緒にカートに乗ってたから、お互いの体温でぬくぬくして眠気をもよおしてしまったのだろうか、二匹とも。



20171113_コメント皆勤賞11

局長から素敵な副賞をいただき、思いがけずまぐちゃんと楽しい時間を過ごすことができました。

私のつたないレポートでは上手くご報告できず、歯がゆいばかりです。
でもまた機会がありましたら、まぐちゃんとお会いしたいと思います。
ありがとうございました。

【局長解説】
こちらこそ毎日ゝ雨の日も風の日もコメントをありがとうございます。
今後とも真熊と当ブログを宜しくお願い致します。

後半だけ、また文字量が一気に増えましたね・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

寝落ちするほど楽しんだらしい真熊にクリックを。



人気ブログランキング

シャレオツなお店とお家にお邪魔したんだな。



【今日の一言】

“イソップ” の父親役で、まだ無名時代の北村総一朗が出演してたの知ってます?
 

| 真熊お出掛け | 02:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テンション低めのルーティーン

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

最近ようやく秋晴れがつづいてくれて、昼間はぽかぽか陽気ですが、15時あたりから一気に寒くなりますよね。 冬将軍の野郎が今か今かと待ち構えてる感がしますね。 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、今週も恒例のこのレポートを。


20171112_とある組織1

そう、日曜日といえば、その前夜、サタデーナイトにおける真熊のルーティーンの様子をお伝えするのが、なんとなく定番化しているはずだ。

昨日も当たり前のように俺が局長を務める「とある組織」の活動にくっ付いて来た真熊。



20171112_とある組織2

ヘルニアの前兆傾向が再発して、今なお毎週通院している俺だが、最近はその予防の一環としてボールを使ったエクササイズを義務付けられている。

アライグマの千寿は、自分の体と同じくらいの大きさのボールでよく遊んだものだが、真熊はまったくといっていいほど興味を示さない。



20171112_とある組織3

ボールでは遊ばなくとも、組織の活動が終わった後は、とりあえずメンバー全員とのコミュニケーションを取るべく、慌ただしくなる。



20171112_とある組織4

とりあえず、ほぼ全員の元へ挨拶回りを行い、お腹をなでてもらう。

しかし、残念ながら昨夜はメンバーも少なく、さらにはいつもと変わり映えしない顔ぶれだったためか、テンションは低空飛行のままだった。



20171112_とある組織5

ちなみに真熊にとっては、外でよその人に会うことよりも、自宅によその人が遊びに来ることのほうが嬉しいのだ。

我が家にお客さんが来ようものなら、血管がブチ切れるくらいのハイテンションを見せる。



20171112_とある組織6

自分の落ち着けるフィールド(ホーム)に、よその人を迎えて遊べるというシチュエーションがたまらないのだろう。



そうこうしていると、帰る時間に ―――


20171112_とある組織7

この日はボールを始めとする荷物が多かったので、真熊を抱っこできなかった。

そこで、用具を入れているバッグを広げて「イン!」と指示してみると、いつものキャリー同様にちゃんと入ってくれたので、このまま運搬したのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

テンションが低くとも毎週参加する真熊にクリックを。



人気ブログランキング

そして「イン」のコマンドでどこにでも入る。



【今日の一言】

寒いと毎日の真熊の散歩すら億劫になるので、今年は暖冬になってほしいものだ。
 

| 真熊 | 15:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気難し女子でお待ちください

日曜日の朝に、こんにちわ。

大谷翔平くんがメジャー挑戦を表明。 なんかあっという間というか、あと2年くらい日本で頑張ってくれても良かった気がしますが、日本ハムは懐が大きいですよね。 局長です。



――― さて、本日も「熊猫犬日記」の更新は、週末恒例で午後までお待ちを。


20171112_お待ちください1

それまでの間は、この我が家の紅一点? 三毛猫女子の姿を見ながらお時間をつぶしていただければ、これ幸い。

とにかく気が強くて、他の3匹にいらぬ緊張感を与え続ける気難し女子の稚葉



20171112_お待ちください2

とくに真熊は、稚葉に対して大きな苦手意識をもっているようで、絶対に自らは近寄らない。

あの空気を読むということを知らずに育ってしまった “志熊” ですら同じなので、常にピリピリしたオーラを放っているのだろう。



20171112_お待ちください3

もっとも被害を受けているのが、寿喜

急に気まぐれな攻撃を食らうことが多いが、なぜかやり返さない。
にいなには毎日ちょっかいを出して取っ組み合いをするのに、なぜなのだろう。



20171112_お待ちください4

それでも、たまには子供みたいな仕草を見せたりもする。
かまくら型ベッドの中でローリングして大暴れしながら一人で遊んだり。

普段からこうした無邪気な姿を見せればいいものを。
野良猫キャリアが長すぎて、社交性というものが欠落しているのだろうな、やっぱり。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

気難し女子に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

それを受け止める亭主も実は器が大きいのか。



【今日の一言】

大谷、今シーズンがケガでほとんど仕事できてなかったのだから、せめて来シーズンまででも。
 

| 稚葉 | 09:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ