熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

志熊のルーティーン

花金イヴ(木曜日)に、こんにちわ。

眞子さまのご婚約間近という報道が日本を駆け巡り、北朝鮮問題やらきな臭い事件ばかりでギスギスしていた日本の空気が一瞬で浄化されたような感じですね。 局長です。



――― さて、月曜日のつづきで、GWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートの続編。


20170518_志熊1

親父ドッグラン」でクールダウンさせた真熊と “志熊” を家の中へ上げたところで、ここへ来たときの「お約束」とでも言うべきか、“親父” 行き付けの小料理屋へ出向いた我々。

房総の魚をアテにしこたま飲んだろころで再び帰宅すると、二匹は大人しくお留守番をしていた。



20170518_志熊2

酒は入ってほろ酔いではあるが、親父はそのまま床に就くこともせず、おもむろに洗面化粧台にアザラシのような生き物を上げた。



20170518_志熊3

志熊のブラッシングである。

これは親父が病気をしようが、辺りが停電しようが、北朝鮮がミサイル実験を決行しようが、何があっても絶対に行われる「鉄の掟」にも似たルーティーンらしい。



20170518_志熊4

特筆すべきは、志熊のほうから催促をしていた点だ。

ブラッシングを嫌がることもなく、むしろコミュニケーションの一つとして楽しみにでもしている様子なのだ。



20170518_志熊5

いつの間にやら真熊よりも毛量も多くなり、毛足も長くなった志熊の被毛は、確かに一日でもメンテナンスを怠るとえらいことになってしまいそうである。



20170518_志熊6

親父もやたら楽しそうにブラシを走らせていた。

こんな調子で15分以上、この洗面化粧台の上でブラッシングに精を出す親父と、されるがままに笑顔でそれを受け止める志熊の姿を見せ付けられたのだった。



20170518_志熊7

真熊にとっても理解に苦しむ「絵」だったようだ。

ちなみに真熊のブラッシングは、俺のお腹の上に寝転んだタイミングで確保しながら行うので、このペアとはまるで方法が異なっている。



20170518_志熊8

ブラッシングが終わると、親父のイスで寝に入る志熊。
親父の晩酌中も、この狭苦しい、親父の背中とイスの背もたれの間で熟睡しているらしい。

面白い性格に育ったものだ、志熊。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ブラッシングに精を出す志熊と傍観する真熊にクリックを。



人気ブログランキング

人見知りも犬見知りもしないのは真熊のDNAか?



【今日の一言】

眞子さまカップル、25歳で結婚を決意するなんて。 44歳になってしまった俺は一体・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

志熊の余裕

週の真ん中に、こんにちわ。

不本意ながら先日やむを得ず購入した新しいパソコンですが、一向に納期連絡が届きません。 毎日「やきもき」しています。 いつまでこんな不自由な生活を強いられるのか。 局長です。



――― さて、月曜日からのつづきで、GWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートの続編。


20170517_真熊と志熊1

志熊” のウレション対策のため「親父ドッグラン」でひとしきり遊ばせた犬たちを、ようやく家の中に上げた。

二匹とも、さすがに尿は出尽くしたらしく、むしろ家に入るなり水を飲むくらいだった。



20170517_真熊と志熊2

この写真だけを見ると、仲のいい父子のコミュニケーションのように写る。

まるで “志熊の話を優しく聞いてあげる真熊” のように見えるが、実際は一切交わろうとしない大人げない父親の姿である。



20170517_真熊と志熊3

業界でも “やたら毛量の多いポメラニアン” として名を馳せる真熊だが、いつの間にやらその称号は息子の志熊に奪われてしまったらしい。

志熊のほうが遥かに毛量も多いし、何より毛足も長いのだ。



20170517_真熊と志熊4

その後、“親父” に抱っこしてもらう真熊。
一応「客人」として(正しくは “客犬” だが)、志熊を差し置いてVIP待遇を受けているらしい。



20170517_真熊と志熊5

その様子を、なぜか笑顔で見守る志熊。

余裕の表れか、とくに焼きもちを焼くこともなく、「俺はいつでも甘えられるし」みたいな勝ち誇った顔つきを見せる。



20170517_真熊と志熊6

しかし、程なくして席を外した親父に置き去りにされる真熊。
突然だったためか、実に分かりやすく「きょとん」としている。



20170517_真熊と志熊7

歩き去る親父を、尚も余裕の笑顔で見送る志熊。

この「焼きもちを焼かない」という面も、ウレション同様に遺伝なのだろうか。
真熊も俺がよその犬と激しく抱擁しようが、一切焼かない。



20170517_真熊と志熊8

親父が去っ たことで、残された犬同士が椅子の上と下とで見つめ合うことになってしまった気まずい光景。

真熊はメンチ切っているような顔つきだが、恐らく志熊は普通に笑顔だろう。



20170517_真熊と志熊9

・・・・やっぱり。

置き去りにされて、きょとんとしている真熊の様子を、むしろ楽しんでいるらしい。
いつも親父と二人きりの生活だから、仲は悪くとも一緒にいることが新鮮で仕方ないのだろう。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

不仲ながらも同じ時間を楽しむ真熊と志熊にクリックを。



人気ブログランキング

真熊の若い頃よりも毛量があるんじゃないか?



【今日の一言】

パソコンが届いても、諸々の設定をしたり、ソフトを入れたり、すぐには使えないってのに・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真熊と志熊、再会 【動画あり】

「515事件」から85年と一日に、こんにちわ。

いよいよ大阪行きが今週末に迫っていますが、“パソコントラブル” のおかげで準備が遅れています。 週間天気予報を見る限り、今回こそ晴れのようですね。 暑そうだけど。 局長です。



――― さて、昨日のつづきでGWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートを。


20170504_真熊と志熊1

玄関先で放尿も済ませた真熊をすぐにでも “親父” の家に上げたかったのだが、間違いなく “志熊” がウレションをぶちまけると想定できたので、まずは「親父ドッグラン」に放って落ち着かせることに。



ハイタッチのようなモーションで親父との再会を喜ぶ真熊。


20170504_真熊と志熊2

思えば真熊も5歳くらいまでは、ウレションが当たり前だった。

否(いな)、10歳になった今でも完全には克服できていないので、ひょっとしたら志熊のそれは遺伝なのだろうか。



20170504_真熊と志熊3

志熊との再会はお正月休み以来となる真熊だが、きっと志熊にとっては真熊も含めて「犬」と会うこと自体がそのお正月ぶりだろう。

それくらい犬とは縁遠い田舎で生活しているのだ。



では、真熊の親父と志熊との再会シーンを動画でもどうぞ ―――



親父に夢中で、志熊のいるドッグランなどにはまるで近づこうとしない真熊。
そして、志熊も自分だけがここに入れられていることがご不満の様子だ。




ようやく二匹をドッグランの中で一緒にさせてみるも、やはり志熊が真熊を一方的にしつこく追い回す姿を延々と見せられるだけだった。

4年経っても何一つ変わらない二匹の関係。



20170504_真熊と志熊4

結局、親父が家の中に入っていってしまい、志熊と二匹にされてしまった真熊は(実は俺もいるのだが)、こんな顔だ。

露骨なまでにテンション急降下ぶりをアピールしている。



20170504_真熊と志熊5

そんな顔してないで、ちゃんとカメラ目線をよこせと指示すると、最低限の表情だけは作った。

完全に義務感のみで遂行しているカメラ目線。
志熊も、真熊も冷たい対応を思い出したのか、急に熱が冷めた様子だ。



20170504_真熊と志熊6

その後も、愛玩犬とは思えないくらいの事務的なカメラ目線がつづく。

仲のいい父子もいるだろうに、何ゆえ我が家のポメラニアンどもはこうなってしまったのやら。
真熊の器の小ささだけが原因なのだろうけど・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

どうにも距離が縮まらない父子に悲しみのクリックを。



人気ブログランキング

それはそうと志熊も毛量がえらいこになっていた。



【今日の一言】

この動画、例のノートPCではとても動かせないので、よそのパソコンで作業させてもらったのだ。
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:20 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GWのお出掛け

新しい週に、こんにちわ。

阪神ファンと広島ファンの皆さまはいい週末だったでしょうね。 ストレスフルな局長です。
イマイチ優勝争いに食い込めていない気がします。 分かりますよね? 巨人の話です。



――― さて、相変わらず “ヤバイPC事情” が継続中だが、いよいよこのお話を。


20170503_千葉へ1

GW(ゴールデンウィーク)中に真熊と共にお出掛けをした5月3日(水)のレポートである。

本当は今のクソ使えないノートPCでは更新がしんどいので、このお話は保留にしていたのだが、新しいパソコンがいつ届くのか見当がつかないので、逆に他のネタが底を突いてしまったのだ。



「誕生日休暇」なる制度を利用して、掟破りの9連休と洒落込んでいた今年のGW。


20170503_千葉へ2

前半戦は掃除やら、家入レオ女史の武道館ライブやら、免許の更新やらとそれなりに忙しく過ごし、後半戦にこのお出掛けをぶつけてみたのである。

この日は午前中にちょっと「別件バウアー」があったため、朝の8時には家を出たのだが、さすがにGW後半戦の初日だけあって渋滞がとんでもないことになっていた。



20170503_千葉へ3

おかげで真熊も車に揺られている時間がとても長くなってしまったのだが、それでも遠出、すなわちお出掛けに向かっている認識があるため、必死に俺の呼び掛けには答える健気さを見せていた。



そして、家を出てから実に9時間後の17時、ようやくこの日の最終目的地に到着した。


20170503_千葉へ4

9時間ぶっ通しで運転していたわけではないのだが、それでも途中気を失うレベルの渋滞に巻き込まれ、何ゆえよりにもよってこの日にお出掛けをぶつけたのかと自分を攻めつづけていた俺。

一方の真熊は、車の中ではほとんど寝ていたので、疲れは見えない。



20170503_千葉へ5

しかし、ここがどこなのかが分かっていないらしい。
辺りの風景を見まわして、記憶をたどっているようだ。



20170503_千葉へ6

賢明な読者のアナタならもうお分かりだろう、ここがどこなのか。

真熊のやつは不思議なもので、到着する前に気が付いてテンションMAXになるときもあれば、こうして着いてからも思い出せないときもある。

なんて気まぐれな記憶力なのやら。



20170503_千葉へ7

ようやく思い出したようだ。

そう、“千葉の両親宅” である。
お正月休み以来になるが、大型連休なので “親父” と “志熊” の顔を見にやって来たのだ。



20170503_千葉へ8

親父の家だと気付き、瞬間湯沸かし器の如き勢いでテンションが急上昇する真熊。
玄関扉も開いていないというのに、ぶち破って駆け込まんばかりのダッシュを見せる。



しかし、何を思ったか突然の急ブレーキを見せたと思いきや ―――


20170503_千葉へ9

ワンブレイクの放尿。

さすがに10歳にもなると、いくらテンションが最高潮に達していても、どこか冷静な一面はキープしているようだ。


つづく・・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

長時間車に揺られて到着した真熊に労いのクリックを。



人気ブログランキング

実は到着してから “ポメラニアン・ドリル” も見せていた。



【今日の一言】

これだけの更新するのにも4時間は掛かるんですよ、俺の使えないノートPC・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての犬友達

日曜日の朝に、こんにちわ。

せっかくの週末に雨が降られると、天気以上にどんよりした気持ちになりますよね。
洗濯物は乾きが悪いわ、真熊はお出掛けに連れ出せないわ。 ストレスフルな局長です。



――― さて、GW(ゴールデンウィーク)中のお話。


20170514_スキップ1

お休み中なので、真熊の「夜の散歩」もまだ陽が落ちる前に行っていた。

普段は深夜の散歩になってしまうことが多いのだが、お休みのときくらいは犬の散歩のゴールデンタイムでもある夕暮れ時に行ってあげたいと日々思っているのだ。



20170514_スキップ2

すると、とても久しぶりの再会があった。
“スキップ” というキャバリアだ。

実はこのスキップ、真熊にとっては初めてできた犬友達なのである。



20170514_スキップ3

10年前に我が家にやって来た真熊は、病気療養中であった “広島女” が、明るいうちに夕方の散歩へ連れて行っていたのだが、そこで毎日顔を合わせて友達になったのが、このスキップなのだ。

お父さんが毎日朝晩かなりの時間を散歩させてあげていて、実に愛されている子だ。



20170514_スキップ4

今年で13歳になったスキップだが、何も病気はしていないものの、ここ一年くらいで急激に老化が激しくなったとのこと。

見るからにヨボヨボといった感じで、動きもゆっくりだった。
真熊とは、ほんの3歳違い。 少し寂しい思いがした。



20170514_スキップ5

しばらくは一緒に歩いていたのだが、あまりにもペースが違ってしまったため、スキップとはそこで別れて真熊は “近所の公園” へ。



20170514_スキップ6

相変わらず人っ子一人いないどころか、いつからか花壇もノーメンテナンスになってしまっているので、余計に「過疎地」感が増していた。



20170514_スキップ7

こうして、初めての犬友達との数年ぶりの再会に、少し複雑な思いを感じた夕方の散歩は終了。

スキップよ、真熊も10歳のジジイだし、これからもお互いに無理せず長生きしていこう。
また夕方に散歩に行けたら会おうぞ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

古い友達と再会した真熊に「よかったね」のクリックを。



人気ブログランキング

実は最初の犬友達はポメラニアンではなかったのだ。



【今日の一言】

もう6日後には「大阪で会いましょう」企画ですよ。 準備が間に合ってない・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊 | 10:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ