熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

とある組織の活動始め

新しい月に、こんにちわ。

ついこの間「明けましておめでとう」とか言ったばかりなのに、もう一ヶ月が経過してしまったんですね。 電光石火すぎますよね、時間の早さが。 2月も宜しくどうぞ。 局長です。



――― さて、少し前のことになってしまうが、1月7日の土曜日のお話。


20170201_組織始め1

この日は、俺が局長を努める「とある組織」の活動始めだった。

“恋人たちのゴールデンタイム” と呼ばれる土曜日の夜に活動する、負のオーラというか条件というか、そういったネガティブな臭いがプンプン漂うこの組織は、2017年も周囲から浴びせられる視線など微塵も感じずに独自の活動を推し進めてゆくのである。



20170201_組織始め2

昨年の活動納めが、ちょっと悪い雰囲気だったので、新年一発目のこの日は気持ち良く迎えたいと思っていた。

活動納めの記事はこちら >>> 2016.12.26 『とある組織の活動納め



そしてこの日は、いずれ人生の節目となるであろう人物も来ていた。


20170201_組織始め3

組織で出会った一組の男女が紆余曲折を経て恋に堕ち、結婚して、そして生まれた「組織のDNA」とも言えるこの女の子。

親となった男女からの、「この子にとっての動物とのファーストタッチはどうしても真熊と・・・・」 というリクエストに応える形で、いざ “ファーストタッチの儀式” が執り行われたのだった。



20170201_組織始め4

しかし、いくら動画などで予習をさせていたとはいえ、実際に動く毛むくじゃらの生き物を目の前にすると、さすがにビビッてしまい、ちょっと触るくらいしかできなかった。

まぁ、まだまだ時間はあることだし、これから少しずつ慣れていけばいいだろう。



20170201_組織始め5

当の真熊は、もう一人「組織のDNA」の “先輩” に当たる男の子の相手も適当にこなしきったところで、彼らとは20歳以上も年の離れた25歳女史の元へ。

やっぱり甘えるなら「年下」よりも「年上」ということだろうか。



20170201_組織始め6

しかし、俺からの冷ややかな視線が気になるのか、なぜかカメラ目線を外さないまま頭をなでてもらうという荒技を見せていた。



20170201_組織始め7

そうかと思えば、今度は「保母さん」に鞍替えだ。

「独身男性が憧れる女性の職業」シリーズで、常に上位にランクインしている保母さん。
ちなみに、保母さんよりもぶっちぎりで人気が高いのは看護師である。



20170201_組織始め8

どうやらこの日は、保母さんの気分だったらしい真熊。

いつもはロックオンして甘えまくっている “艶っぽい姉さん” に声を掛けられても、見事なまでのシカト、鬼スルーだ。



20170201_組織始め9

愛玩犬の特権をフルに使い、その日の気分で甘える相手を選り好みするなんて、どれだけ羨ましい暴挙に出るのか、税金も納めていないポメラニアンの分際で。



20170201_組織始め10

調子に乗ってお腹までなでてもらう。

人間の男が同じことを要求したら、ただの変態扱いされるだけだが、犬ゆえにそっくりそのまま受け入れられるこの状況を、まさか自分の実力だなんて勘違いしていないだろうか。



20170201_組織始め11

ということで、なんとなく腹が立ってきたので、とりあえず用もないのに呼び寄せてみたのだった。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今年も毎週の楽しみを謳歌する真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

もはや真熊も組織の一員と呼べるくらいの存在だろう。



【今日の一言】

2月1日、つまり今日は、セ・パ全球団が一斉にキャンプインするプロ野球界の元旦ですね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 02:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リハビリ期間の最終日

花金の朝に、こんにちわ。

今日は東京でも雪が降るという予報ですが、我が街にも積もってしまうのでしょうか。 まだノーマルタイヤだから困るんすよ。 雪はいいけど絶対に積もらないでほしい局長です。



――― さて、本日も “千葉の両親宅” レポートをお休みして、先週のお話を。


20170120_近所の散歩1

なんのことはない、ルーティーンでもある朝夕の散歩の間に、週末だからと特別にもう1セットをぶち込んでみた「近所の散歩」シリーズである。

いつも真夜中の散歩なので、お休みの日くらいは明るいうちにという俺の心づかいだ。



20170120_近所の散歩2

前夜に降った雨で道路が濡れていたが、冬の乾燥した気候には、たまの雨はいいものだ。
ちょっとだけいつもより湿度があって、心地よい。

40歳を過ぎるとお肌もカサカサになってくるから、「湿度万歳」といったところだ。



20170120_近所の散歩3

ちなみに、この日は1月9日。

つまり、“正月休みのリハビリ期間” と呼ばれる(俺が勝手に呼んでいる)、ありがたい三連休の最終日、祝日の月曜日である。



20170120_近所の散歩4

「今日が終わってしまったら、いよいよ本格的な社会復帰か・・・・」
という、実に重苦しい気持ちのままに真熊を歩かせていた俺。

日本も、中国の旧正月のように、二週間くらいお祭り騒ぎの祝日にしてみてはどうだろうか。



20170120_近所の散歩5

でも、それはそれで爆竹がうるさいから嫌だな・・・・なんて、まったく意味のない自問自答をしながら、無意識のうちにここへ来てしまっていた。

過疎地の象徴の如きいつ来ても人っ子一人いない場所、“近所の公園” である。



20170120_近所の散歩6

しかし、まだまだ正月休み気分に浸りたいという大衆の心理がそうさせるのか、この日は珍しくパパと子供たちという構成のファミリーが来ていた。

そうだ、公園とはこうでなくちゃならない。



20170120_近所の散歩7

しかし、このシリーズで写真を撮ると、いついかなるときでも真熊は “仏頂面” だ。

せっかく陽のあるうちにと、いつもより一回多く散歩に連れ出してやってるというのに、どうしてその「対価」ともいえる笑顔を出せないものか。



20170120_近所の散歩8

・・・・・と思っていたら、ほんの一瞬だけ笑顔を見せた。

でも、あまりに想定外すぎて、ピントが若干ブレてしまった。
心の準備ができていなかったのだ。



20170120_近所の散歩9

その後は、再び証明写真の如くニコリともしない仏頂面に。

せっかくの花金に、こんなつまらない写真ばかりで申し訳ない限りだが、俺と二人きりのときは常にこんな顔なので、どうかご容赦を。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

俺と二人きりだと笑顔の一つも見せない無愛想な真熊。



人気ブログランキング

一日に3回も散歩してもらっていることに感謝しろ!



【今日の一言】

また寒波が襲来するようですが、皆さまお気を付けください。 事故などないように!
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 02:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地元での初詣 2017

お寒うございます。

一昨日の朝、ちょっと早起きしなければならない予定があったのですが、目覚ましをセットした時刻の5分前くらいから寿喜がけたたましく鳴き出して起こされました。俺を起こすためだったのか、自分の都合だったのかは不明です。 局長です。



――― さて、“千葉の両親宅” レポートはワンブレイクして、その翌日のお話。


20170119_初詣1

すなわち、1月4日のお正月休み最終日。

ついに7日間にわたる連休が終わってしまうと失意に押しつぶされそうだったこの日、夕方から真熊を連れて、俺はある場所へとやって来た。



20170119_初詣2

例によって車に揺られていたことで眠気をもよおしている真熊。

竜の咆哮の如き大きな口を開けての大あくびを一発。
横から見たら「パックマン」みたいなのだろう。



20170119_初詣3

相変わらず俺と二人きりのときは、覇気を微塵も感じない表情ばかり見せる真熊。

俺が出掛ける準備を始めると、自分も連れて行ってもらおうと大喜びでグルグル回ったりして猛アピールを始めるくせに、いざ連れ出したらこの態度だ。



20170119_初詣4

そんな俺と真熊がやって来たのは、こんな場所。

地元の神社の総本部みたいな大きな神社。
一昨年までは厄年のお払いで来ていたところである。



20170119_初詣5

前にも書いたが、初詣だからといって普段まったく縁のない有名な神社へお参りしてもダメだ、ちゃんと地元の神様にお参りするものだ―― という結論に至ってからは、必ずここへ来るようにしている。



そりゃそうだ。


20170119_初詣6

いきなり縁もゆかりもない成田山とか伊勢神宮などに行って、「今年こそ○○できますように」などと勝手なお願いをしたところで、神様からしてみたら「お前、誰やねん!」といった話になるだろう。

ちなみに以前は、ミーハー的に川崎大師などへ行っていた。



初詣のお約束、おみくじも引いてみた。


20170119_初詣7

「小吉」。

しかし、内容を読み進めてみると、何一ついいことが書いていない。
これ、「凶」と何が違うのだろうか。



20170119_初詣8

「この人を逃すな」?
“この人” に心当たりがない場合はどうしたらいいのでしょうか。

いまいち釈然としない思いを抱えたまま、神社を後にすることになった。



20170119_初詣9

それはそうと「狛犬」というものは、沖縄でいうところの “シーサー” で、大阪でいうところの “ビリケンさん” みたいなポジションなのだろうか。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

局長一家の幸せを願うクリックを2発ほどお願いします。



人気ブログランキング

罰当たりなくらい大あくびをする真熊にもクリックを。



【今日の一言】

俺が目覚ましをセットした時刻を感じ取って事前に起こしてくれるなんて、あり得ないか・・・・
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 07:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お婆ちゃん始め

三連休の初日に、こんにちわ。

ココリコの田中ってタイキック食らうだけの芸人ではなくて、立派な俳優さんになっちゃってますよね。 『ZIP』 でMCもやっているし、思いのほか多才なんですよね。 局長です。



――― さて、早くも一週間前のこととなってしまったが、元旦のお話。


20170107_元旦2

新年明けましておめでとうございます
といった画像をセルフシャッターで撮影すべく庭に出ていた俺と真熊。



「一年の計は元旦にあり」とはよく言うが、俺もこの自撮りで一年が始まるのだ。


20170107_元旦3

ちなみに、「一年の計は――」の意味は、“その年に為すべきことは元旦に計画を立てるべきである” というものだ。

俺はちゃんと元旦に「今年の抱負」を宣言している。



20170107_元旦4

隣のお婆ちゃん” 宅とは逆隣のお宅のボーダーコリー “ココ” とも挨拶。
さすがは牧羊犬だけあって、真熊より年上だが元気丸出しだ。



20170107_元旦6

高齢化が進むこの街では、犬の高齢化も同時進行中らしい。
みんな元気でいてほしいものだ。



20170107_元旦5

あまりの天気の良さに、猫たちは窓際に陣取り日向ぼっこ。

昨年からこの二匹は常に一緒にいるようになった。
世間で言う “年の差婚” を、まさか自宅の猫が実践するなんて。



すると、お婆ちゃんも出てきた。


20170107_元旦7

テンションMAXで出迎える真熊。
図らずも元旦に今年の “お婆ちゃん始め” が叶ったようだ。



20170107_元旦8

翌日から “千葉の両親宅” へ行く俺に、「お父さんに」と焼酎をくれた。

飲食店を長年経営していた息子さんが入手した、一般には流通しない麦焼酎らしい。
いつも、親父の作る野菜をお土産に持ち帰ってくるので、そのお礼とのこと。



では、せっかくなので真熊の喜びようを動画でご覧あれ。



昭和元年生まれのお婆ちゃんに、スタンディングでの “高速ガリガリ” 。
喜びを爆発させている。



20170107_元旦9

こうして、新年を笑顔全開で迎えた真熊であった。
いい一年になりそうだ、真熊には。




【今日の一枚】

20170107_元旦

この元旦の夜に飲みに繰り出したのだが、繁華街は軒並み閉店していた。

飲食店も元旦はお休みするという事実を改めて知ったが、なんとか「サービス料金10%をいただきます」という客の足元を見た営業店に入ることができたのだった・・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

三連休だし、まだ正月休みは終わらない感じですね。



人気ブログランキング

明日から雪が降るかもしれないらしいですね。



【今日の一言】

今夜は俺が局長を努める「とある組織」の活動始めです。 当然、真熊も一緒に。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 07:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仏頂面納め

正月休みの最終日に、こんにちわ。

昨日の新春恒例企画、まだまだ返信が追いついていませんが、必ず今日中にお返事しますので、しばしお待ちを。 昨日は千葉からの帰路で移動が多かったんです。 局長です。



――― さて、まだ綴っていない2016年の出来事も順次記事にしていかなければ。


20170104_仏頂面1

ということで、年末休みの前週にあった三連休の真熊を。

連休の初日、つまり12月23日。
朝のトイレを兼ねた散歩は済ませていたが、お昼過ぎにもう一度近所の散歩へ。



20170104_仏頂面2

本来なら朝と晩、2回の散歩が我が家のルーティーンのところを、俺の好意でこの時間帯にも外へ連れ出してやったというのに、例によって笑顔の一つも見せない真熊。



20170104_仏頂面3

そして、俺と二人では一切笑わない真熊と同様に、相変わらずどの時間帯に歩いても誰ともすれ違わない俺の住む街。

ゴーストタウンとしか例えようのない街である。



20170104_仏頂面4

そのわりに行き付けの “ショッピングモール” では野菜の在庫が薄くなっているので、住人たちは人目をはばかるようにコソコソと行動しているのだろうか、ひょっとして。



20170104_仏頂面5

とりあえず、ほうれん草を100円で購入。

本当はキャベツを置いてほしいのだが。
でも白菜はあった。



20170104_仏頂面6

そのままの流れで “近所の公園” にも立ち寄る。

冬という季節は、寒いだけでなく緑も消えて景色も寂しくなるから大嫌いだ。
灯油代も掛かるし、いいことが何一つ見当たらない。



20170104_仏頂面7

いつ来ても誰もいない公園だが、この日は奇跡的に3人のキッズの姿が。

やはり子供はコソコソと人目をはばかりながら生きていくようなことはせずに、こうして堂々と遊んでいるようで、少し感動した。



20170104_仏頂面8

公園をターニングポイントとして、そのまま復路へ。

なおも真熊は笑顔の一つも見せずに、仏頂面。
「仏頂面納め」でもしようとしているのだろうか。



20170104_仏頂面9

今年は俺と二人のときでも、もう少し表情豊かなポメラニアンでいてほしいものだ。

それよりも、もう少し活気付いてほしいこの街。
ゴーストタウンではなく、人が多いニュータウンに住みたい・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

昨日はコメントは多いもののクリックは少なかった…



人気ブログランキング

帰宅後も疲れて早々に寝ちゃいました。



【今日の一言】

昨夜はアクアラインが大渋滞で疲れました。 真熊たちも帰宅後ずっと熟睡しています。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 10:09 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ