熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

10th Anniversary ~真熊の誕生日祝い~

新年度の初日に、こんにちわ。

インターネットの 『桜前線2017』 を信じて、真熊と共にお花見に繰り出してみたものの、五部咲きにもなっていない「咲き始め」でした。 まんまと騙されました。 局長です。



――― さて、昨日の記事でも綴った件のつづき。


20170403_誕生日祝い1

昨日、4月2日は真熊の記念すべき10回目の誕生日だった。
京都のブリーダーで生を受けてから、早いもので10年。

今では遠く離れた神奈川県で猫3匹と一緒に暮らしているが、幸運にも健康に10歳を迎えた真熊。



20170403_誕生日祝い2

柄にもなく “HAPPY BIRTHDAY” という装飾をしてみた43歳のオッサン。

写真を撮り始めると、何かを察知したのか寿喜までカットインしてきた。
何か面白いことが始まるような気がしたのだろうか。



20170403_誕生日祝い3

いつもは「祝」とか、あれこれ印刷した紙をカーテンに貼り付けて写真を撮るのだが、今回は市販品に手を出してみた。

そして、お祝いに買ってきたケーキを食べさせるべく、胸もモフモフがクリームなどでベタベタにならないようヨダレ掛けを巻いて、いざスタンバイOK。



20170403_誕生日祝い4

これが今年のケーキ、『プチタルトセット』。

昨年は「プリンパフェ」だったが、今回は一度にいろいろな味が楽しめそうな一品にしてみた。
しかし、まさか俺が犬の誕生日にケーキを買うような男になるなんて・・・・



20170403_誕生日祝い5

おもむろに目の前に置かれた美味しそうな何かに、思わずフリーズする真熊。
自分が誕生日という自覚もないだけに、いまいち状況が飲み込めていない様子だ。



20170403_誕生日祝い6

漂ってくる甘い匂いに、体が震え始める。
同時に、目で何かを必死に訴えてくる。



20170403_誕生日祝い8

本人もまったく意識はしていないのだろうが、自然と舌が出る。
文字どおり無意識なのだろう。



20170403_誕生日祝い9

それでも決して我が子を甘やかさない厳格な俺は、毎日のルーティーンである「伏せ」での「待て」を指示。

居ても立ってもいられないのか、心なしか伏せの重心が高い。



20170403_誕生日祝い10

なんとか一定時間の伏せを我慢したところで、いざ「ヨシ!」の合図。

同時に、いや、むしろ食い気味にロケットスタートでガッつき始める真熊。
味わう姿勢は一切なしだ。



20170403_誕生日祝い11

ものの数秒で完食。

「どれが喜ぶかな」などと、けっこう時間を掛けて選んだ俺の行為をあざ笑って踏みにじるかのように、一瞬で胃袋に消えていったケーキ。



20170403_誕生日祝い12

甘かったのか、しょっぱかったのか、それすら理解できていなさそうなこの顔。
3つの味があったはずだが、その違いなんて何一つ感じなったのだろう。

来年は「ふ菓子」あたりを与えておけばいいのかもしれない。



20170403_誕生日祝い13

感謝の気持ちが一切見られない表情。

明らかに「物足りない」という思いを目で訴えてきている。
「美味しかったです」「ありがとうございます」というスタンスが見られない。



20170403_誕生日祝い14

尚も目で訴えつづける真熊。
ひょっとしてコースメニューの如く、まだ次に何か出てくるとでも勘違いしているのだろうか。

何はともあれ、10歳おめでとう!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

一瞬でケーキを食い尽くした真熊にお祝いのクリックを。



人気ブログランキング

10歳の一年間も元気で過ごせますように。



【今日の一言】

桜は咲き始めだったけど、お花見客は大勢いた。 日本人は本当に桜が好きなんですね。
 

| 真熊 | 04:31 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【祝】 真熊10歳

4月2日に、こんにちわ。

『桜前線2017』 によると、東京では今日が満開とのことですが、まだまだですよね。
せっかくの週末なのに天気が落ち着かなくて残念です。 でも桜を見に行く局長です。



――― さて、本日は4月2日。


20170402_真熊10歳1

賢明な読者のアナタなら、この日がどんな節目の日かお分かりだろう。
局長一家にとっては、非情に大きなメモリアルデーである。



そう、今日は他でもない ―――


20170402_真熊10歳3

我が家の真っ黒ポメラニアン “真熊” の10回目の誕生日である。

10年の節目。
京都で生を受けてから、丸10年。

まだまだ子犬のような感覚だった真熊が、早いもので10歳となったのだ。



20170402_真熊10歳4

尿路結石予備軍になった以外は、とくに大きなケガや病気をすることもなく、元気に10歳を迎えられたことは非情にめでたい限りだ。

もう天寿は折り返し地点を過ぎているのだろうが、これからも元気に、そして幸せに毎日を生きてほしい。 それだけである。



20170402_真熊10歳2

それはそうと、真熊の誕生日の前日である昨日4月1日は、「エイプリルフール」。
世界中でオフィシャルに嘘をつくことが許された、年に一度の記念日である。

つまり、嘘をついても許されるし、嘘をつかれても許さなければならないのだ。



ということで、俺も当然、いくつかの嘘をつかせていただいた ―――


20170402_会いましょう1

まずは、「沖縄で会いましょう」企画。
こんな遠くで開催したところで、人が集まるわけがない。

ちなみに俺は、人生で一度も沖縄になったことがないサ~~。



20170402_会いましょう2

次に、「タイで会いましょう」企画。

動物を海外に連れ出すのも、日本に再入国させることも、実は検疫などの手続きがえらい大変なのだ。

タイ王国はとても素敵な国だけど、真熊を連れて行くのは無理たい。(←博多弁)



20170402_会いましょう3

そして、「ハワイで会いましょう」企画。
真っ黒い毛むくじゃらの生き物を、この常夏の国に連れて行く意味がどこにあろうか。

とはいえ、一度も行ったことがない場所なので、個人的には行ってみたい・・・・



20170402_会いましょう4

最後に、「オーストラリアで会いましょう」企画。
10歳のジジイ犬を、たった一匹で7時間も8時間も飛行機の貨物室に乗せるわけがない。

でも、ステーキが美味しくて、動物たちも可愛い素敵な国である。



「全部が嘘だったのかよ!」 と失望しているアナタ ―――


20170402_会いましょう5

「大阪で会いましょう」企画、これはやります!
再び行きます、大阪へ。



20170401_大阪で会いましょう2

2年前は雨にやられた同企画。

今年こそ、快晴の中で関西の民たちと「自分、どっから来てん?」、「知らんわ~」、「どないやっちゅうねん、これ正味の話が」といった何気ない会話を楽しみたいものだ。

詳細は別途このブログ上でご案内しますさかいに!



20170402_真熊10歳5

そんなこんなで、もはや全然おめでたくは感じないのだが、真熊が無事に10歳を迎えられたことには心から感謝している。

あと何年一緒にいられるのかは分からないが、これからもただ元気に、一日でも長く我が家で過ごしてほしいのと同時に、一人でも多くの人に真熊と遊んであげてもらいたい。

俺以外の人に遊んでもらうのが大好きな真熊ゆえに。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

10年という節目なので盛大に「おめでとう」のクリックを。



人気ブログランキング

上のランキングは相変わらずポイントが反映されないけど。



【今日の一言】

10年前の今日、真熊は京都のブリーダーの元で産まれたんですよ。 京都生まれどす。
 

| 真熊 | 05:31 | comments:35 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎のフォーマル姿

週の真ん中に、こんにちわ。

栃木の雪崩事故、とんでもない事態になってしまいましたね。 南関東ではもう完全に春の陽気だというのに、改めて自然の怖さを思い知らされます。 局長です。



――― さて、本日はとくにコレという話でもなく、リビングでの真熊の写真を。


20170329_真熊1

ドッグランのレポートも明らかに飽きられている様子なので、ひとまずワンブレイクである。

少し前だが、なぜか真熊に “正装” をさせてリビングで写真を撮っていた俺。
その目的は、さっぱり覚えていない。



20170329_真熊2

真熊も、何ゆえいきなり室内で洋服を着せられているのか理解できない様子。
キョトンとしている。



20170329_真熊3

普段は真熊が洋服を着ている姿を見る機会がない寿喜も、その姿を不思議がっていた。

そりゃそうだ。
洋服を着るのは散歩やお出掛けで外へ出るときだけだから。



20170329_真熊4

ときに、全然関係ない話だが、左肩を傷めた俺。

これといって思い当たる原因もないのだが、かなりヘビーに傷めたようで、動かすと激痛が走る。
利き腕でもないし、何か激しい運動をした覚えもないし・・・・・



20170329_真熊5

寝ている間に夢遊病のように左手一本で腕立て伏せでもしてしまったのだろうか。
もしくは、左肩の関節を極められている夢でも見て、そういう体勢で寝つづけてしまったとか。



20170329_真熊6

そんなこんなで、リビングで “フォーマル姿” の写真を撮っているだけで、温かくなってきたのか眠気をもよおしてしまった真熊。

何より、俺はどんな目的のもと、これらの写真を撮っていたのだろうか・・・・



20170329_にいな1

そして、これはこの週末のリビングでの一コマ。

無愛想な石像のような猫がソファの背もたれの上にいたので、スキンシップの一環として頭をなでてやっていた優しい俺。



20170329_にいな2

しかし、思い切り嫌がられてしまった。

甘え下手な猫は、いきなり愛情表現を受けると上手に返すことすらできないらしい。
どうして、こんなに屈折した性格に育ってしまったのやら・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ワケも分からず正装させられている真熊にクリックを。



人気ブログランキング

一体この無愛想な猫は何をされることが嬉しいのやら。



【今日の一言】

カブスの川崎が解雇になったというニュースが飛び込んできたけど、どうするんだろう。
 

| 真熊 | 07:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる視線

日曜日の夕方に、こんにちわ。

今日も斎藤佑樹が巨人とのオープン戦で1イニングを無失点に抑えたらしい。 これで2戦連続。 インコースを強気に攻めればなんとかなるので頑張ってほしいです。 局長です。



――― さて、いつぞやのサタデーナイト、つまり土曜の夜のお話。


20170305_真熊1

例によって、俺が局長を努める「とある組織」の活動に真熊がついて来た。
もはや「連れて行った」という表現よりも、「ついて来た」というほうがマッチしている感じだ。



20170305_真熊2

この日は人数が少なかったので、活動中はあまり構ってもらえなかったものの、終了後は一人の女性をロックオンして甘え始めた真熊。

その一方で、なぜか視線は俺のほうを向いている。



20170305_真熊3

この日のターゲットは、来月に挙式を控えた保育士さん。
まずは仰向けになってお腹をなでてもらう。



20170305_真熊4

挙式の準備で注意力が散漫なのだろうか、ちょいちょい手が止まってしまう保育士さん。

今が幸せのど真ん中だけあって、本来ならこんな真っ黒い毛むくじゃらな生き物の相手をしているヒマなどないのだろう。



20170305_真熊5

しかし、毛むくじゃらはそんなことお構いなしに、さらにあれこれ要求する。

本当はすぐにでも家に帰って席次表を自作したり、終盤でのお母さんへの手紙を書いたり、お見送りのときに配る粗品をどうするか等々、やらなくてはならないことだらけだろうに。



20170305_真熊6

その甘えっぷりは、さらにエスカレートしていく。

ひざの上によじ登られて、完全に帰るタイミングを逸してしまう保育士さん。
シューズも脱いで、あとは荷物を担いで体育館を出るだけだったのに。



20170305_真熊7

お腹はなでてもらったので、今度は背中らしい。

裏表、満遍なく撫でたりかいたりしてもらうつもりのようだ。
実に節操がない。



ここで再び視線が俺のほうへ。


20170305_真熊8

否(いな)、逆に俺の視線が気になっていたらしい、先ほどから。

家とは180°異なる姿で、女性にのみピンポイントで甘える真熊に対し、まるで虫ケラを見るかのような俺の視線が。



20170305_真熊9

その後も、要望どおりに背中をかいてもらいながらも、常に視線は俺と交差している真熊。

どうやら甘えることに集中できなくなっているらしい。
つまり、計算ずくで甘えているのだ、普段から。



20170305_真熊10

小さい頃からチヤホヤされ過ぎて、知らぬ間にしたたかに育ってしまったようだ。

10年弱という人生の中で、愛玩犬の武器というものを、自由自在に操れるようになってしまったのだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

俺の視線を気にしながら女性に甘える真熊にクリックを。



人気ブログランキング

そんなに気になるなら甘えなきゃいいのに・・・・




【今日の一言】

巨人戦なのに、斎藤佑樹を応援してしまっていた俺。 今年こそ結果を残してくれ。
  

| 真熊 | 16:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真熊とリア充な人たち

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

プロ野球のキャンプも、紅白戦やら練習試合やら、いよいよ実戦形式になってきましたね。
新戦力や復活に賭ける選手たちの動向が日々楽しみです。 局長です。



――― さて、一日二本の記事をアップする週末は、お馴染みのこのネタを。


20170219_真熊1

俺が局長を努める「とある組織」の活動に、真熊が毎週くっ付いてくることだ。

数年間の経験から体内時計がきっちり機能してしまっているらしく、毎週土曜日は夕方になるとソワソワするようになってしまった。



20170219_真熊2

俺が着替えやら準備を始めると、絶対に自分も一緒に行けると疑わずに、大喜びでクルクル回り始めてしまうので、どうにも置いてこれないのである。



20170219_真熊3

組織の活動中は、人数的に半端が出たときには、代わるがわる遊んでもらえるのだが、不幸にも人数がピッタリだったときには、活動が終了するまでジッと待っていなければならない。



20170219_真熊8

しかし、その辺りはもはや慣れっこで、決して活動中の我々のほうへ来てしまうこともなく、俺が敷いておいたブランケットの上でちゃんと待っている。

俺が言うのもなんだが、メンバーが連れてくる小さな子供よりもお利口さんだと思う。



20170219_真熊4

活動が終了し、いざメンバーたちに遊んでもらう真熊。

とはいえ、相手が男性の場合は「付き合い」なのか「義務感」なのか、やっつけ仕事っぽさ丸出しの表情を見せる。



20170219_真熊5

この日は、そのタイミングである女性がやって来た。

当ブログの読者さんで、お馴染み “つのだ☆ひろ似の大工” とちゃっかり付き合い始めたデパガの女性だ。



20170219_真熊6

「まぐちゃんに会いたい」とやって来たらしい。

つのだプロには、もはや飽き始めているのだろうか。
何かの刺激を求めているのかもしれないが、いずれにせよ真熊は大喜びだ。



20170219_真熊7

でも、俺の冷ややかな視線だけが、どうにも気になってしまうらしい。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

毎週楽しみにしているようなので家に置いてこれず。



人気ブログランキング

構ってもらえてよかったな!のクリックを。



【今日の一言】

この痛み、錦織圭がCMやってるマットレスに買い換えたほうがいいのだろうか。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 15:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ