FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

大きな公園でハッスルタイム [後編]

一昨日からのつづき―――


というわけで、月曜日(祝)に久しぶりに 「大きな公園」 に来た俺と真熊。

そこで、これまた久しぶりに “聖也くん” 親子に会った。
前回、真熊とお友達になった小1ボーイの聖也くんだ。


聖也親子

犬が苦手だった聖也くんは、この公園で少しずつ犬と仲良くなってきたのだ。



そう、週末のこの公園は犬パラダイスだ。
では・・・・・


Q.ここに何匹の犬がいるでしょう?

おもむろにクイズです。



A.9匹

カメラを向けたファインダーの中だけで9匹。
それくらいの “犬密度” 。



それゆえ犬種も多岐にわたる―――


毛のない犬?

どう見ても正反対なフォルムの子に戸惑う真熊・・・・・



そして、一通り近くの犬とは挨拶を済ませた真熊は―――


聖也親子

あくまでも “上から” 聖也を散歩へ誘う。



聖也と真熊、散歩に出発

意気揚々と真熊がリードするような形で散歩へ。



徒歩から駆け足にシフトする真熊&聖也。


真熊、主導権を握る!

真熊、序盤の主導権争いを制した感じだ。



しかし・・・・

徐々に聖也もエンジンが温まってきたようで・・・・


聖也、飛ばし始める

いきなりトップギアに入れる疾走ぶり。



結局は―――


聖也、トップギア

ペース配分に失敗した真熊が失速・・・・

徒歩のキャバリアにさえ煽られる始末に。
完全に主導権を失った格好だ。



ちなみに、この犬が苦手だった聖也少年、
多少は馴れてきたとはいえ、未だ抱っこは出来ないらしい。

そこで―――


聖也、初の真熊だっこ

絶対に噛まない、吠えないポメラニアンでドキドキ初体験。
不慣れな手つきで真熊を恐る恐る抱っこする聖也くんであった。



小さな子が犬と楽しそうに遊ぶ姿って癒されますよね。
ウチの甥っ子たちと真熊が遊ぶ姿も面白くて仕方ないし。



にほんブログ村へ 仕事が遅くまでかかってしまい
 ブログのアップも3時を回っている・・・・
 睡眠不足の勤労青年に是非 「ポチ」 っと
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m
 励みになります!
 


【追伸】
チリの鉱山落盤事故、全員無事救出!
感動しました!

| 真熊お出掛け | 03:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いい話かよ!あ○たには似○わない!
高感度アップか?

・・・

真似しよう。させてもらおう

| くろはち | 2010/10/15 06:23 | URL |

ほんとにわんこパラダイスですねー!!
楽しそうです。
真熊クンと聖也クン、対等って感じが笑えますe-257
局長サン。
週末はしっかり寝だめしてくださいね。

| 一徹ママ | 2010/10/15 08:50 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/10/15 09:34 | |

公園で テントはってる人がいる!!!!!!
大きい公園って 本格的ピクニックの人がいるんですか?

真熊ちゃん もちょっと体力つけなきゃねw

| にあ | 2010/10/15 12:58 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/10/15 20:20 | |

局長さんって
動物にも子どもにも人気があるんですね。
ますます高感度アップですe-69e-69e-69

女性にモテない訳がない、と思うのですけど・・・。

| 黒ポメのママ | 2010/10/15 20:54 | URL |

犬が苦手の聖也くんをも虜にしてしまった真熊ちゃん、あなたはすごい!
それにしても、大きな公園はわんこの社会性を養うのにもってこいですね、楽しいところがあって羨ましいです。
明日は土曜日、思う存分お寝坊さんしてくだされませニコッ♪(〃'▽'〃)

| みるここ | 2010/10/15 21:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/10/15 22:23 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/430-5d4d9635

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ