FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

目的は単なる邪魔

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

北海道の地震、また今回も自衛隊がフル稼働していて、何もできない俺は自衛隊への感謝の念しかありません。 当然、消防を始めとする公務員の皆さまにも。 局長です。



――― さて、今週のある夜の我が家。


20180908_真熊と志熊1

暑かったのでクーラーを効かせていたリビングで、真熊はフローリングの上でくつろいでいた。
散歩も済ませ、あとは晩ごはんを待つだけなので、ここでスタンバイしているのだろうか。



20180908_真熊と志熊2

何か撮れ高のいい写真のシャッターチャンスは来ないかと、真熊にカメラを向けつづけていたのだが、なぜか俺との間に寿喜が割り込んできた。



20180908_真熊と志熊3

そのまま “居座り宣言” のようなポジショニング。
渋谷駅前の 『ハチ公』 バリのお座りである。



20180908_真熊と志熊4

いつものように俺の膝に乗ってくるわけでもなく、ゴロゴロ言いながら体をこすり付けてくることもなく、なぜかこの微妙な距離をキープしてのお座り。



20180908_真熊と志熊5

それなら久しぶりに真熊とのツーショットを撮ってやろうと「カメラ!」(※)のコマンドを指示するも、真熊と違って頑なに目線をよこさない寿喜。

※ 「カメラ」 ・・・・ 「カメラ目線よこさんかい!」 という指示コマンド



20180908_真熊と志熊6

以降も頑なにカメラ目線を拒みつづける。

目的はなんなんだ。
俺と真熊が楽しそうにしていることへの「やっかみ」なのだろうか。



20180908_真熊と志熊7

ちなみに寿喜は、毎朝必ず俺の股間で一緒に目覚める。

床に就くときはリビングに放置して、一人寝室へ上がるのだが、朝になると必ずベッドで一緒にいるので、夜な夜な追い掛けてきているのだろう。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

無言の邪魔を続ける寿喜に愛のクリックを。



人気ブログランキング

きっと必要以上に愛されているのだろう、俺は。



【今日の一言】

こういう時だけは頼るくせに普段は自衛隊不要論唱える論客まがいの輩が心底嫌いです。
 


20180809_天使の里親さん募集中

子猫の里親さんになってくれる人を大募集! 詳細は上のバナーを激しくクリック。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 15:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コトちゃん、何かを一心にながめていますね。
その視線の先には何があるのかしら。
仲のいいふたりのニャンズの姿?

せっかくまぐちゃんの写真を撮っていたのに、
間に割り込むいつものKYぶりが可愛いコトちゃんでした~。
でも、きちんと手をそろえて座る姿が綺麗です。

| ラブママ | 2018/09/08 16:12 | URL |

>ちなみに寿喜は、毎朝必ず俺の股間で
一緒に目覚める。
笑 つぼです。
ことちゃんの顔も面白い、いや可愛い💕

カメラ!って言ってるからまぐちゃんずっと
カメラ目線ですね。
ことちゃんの目線の先を見てる写真が
ありますが、やはりその先には何かが
見えるのでしょうか^ ^

綾瀬はるかさんのドラマ見てるんですね!
あれ、面白くて大好きです。

| クッキー&ちゃちゃ | 2018/09/08 19:55 | URL |

ことちゃんはパパの事が本当に大好きですね!!
わざわざ間に入って無言アピール可愛いです( *´︶`*)
「僕の事も見るニャ」って言ってるのでしょうか!?

まぐちゃんはプロ根性で終始カメラ目線で笑顔ですね!
相変わらず素晴らしいです^^

| とりっこ | 2018/09/08 21:38 | URL |

コトちゃん、なんとわかりやすい嫉妬心(笑)

パパは僕だけを見るの!
だって朝だって一緒に目覚めてるじゃん。
股間は寝心地最高なんだよ。
今夜も一緒に寝るぞ僕。

間違いなく必要以上に愛されてますね。

| つばめ11号 | 2018/09/08 22:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/3765-e77b4bd4

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ