FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

真熊の最重要任務

「515事件」から86年が経った朝に、こんにちわ。

大谷翔平くんは、出場するたびに全米に衝撃を与えますね。 ガチのON世代ではないだけに、こうしたスター選手をリアルタイムで観れることが嬉しいです。 局長です。



――― さて、少し前になるが先月末頃の土曜日のお話。


20180515_とある組織1

「毎度おなじみ」と言うべきか、レギュラーコンテンツと言うべきか、例によって俺が局長を務める「とある組織」の活動に真熊を連れて行った。

否(いな)、「ついて来た」と言うべきだろう。



20180515_とある組織2

この日も、“人数的に余ったから真熊の相手をしてくれる” という人材はおらず、俺の活動中は大人しく待っていることを強いられてしまった真熊。



20180515_とある組織3

しかし最近は、大人しく待っていることさえできない「ある事情」が真熊に生じており、かなり困惑している様子がよく見られる。



一歳半くらいの幼いキッズがいるのだ。


20180515_とある組織4

これまでは寝ているか、起きても泣いているだけだったのだが、最近では少しずつ自我が芽生えてきて、日増しに機動力がアップしてきている。



20180515_とある組織5

真熊にとって厄介なのは、いつの間にか “ハイハイ” から “ヨチヨチ歩き” までができるようになってしまったこと。

さらには、動物に興味を示し始めてしまったこと。



20180515_とある組織6

とにかく真熊を触ってくるようになったのだ。

しかも、いまいち動物というものを理解できていないため、顔を触りまくったり、毛を引っ張ったりと、コミュニケーション手法がハードだったりする。



20180515_とある組織7

ご存知のとおり、真熊はキッズを苦手としている。
どう接していいのか分からないからである。



20180515_とある組織8

とはいえ、キッズにとっては、この時期に動物との楽しい思い出を作れていれば、将来的にも “動物嫌い” にはならないだろう。

むしろ、動物好きのピースフルな人間に育つはずだ。



20180515_とある組織9

つまり真熊は今、とてつもなく責任重大な役目を担っているのだ。

一人の人間の「将来性」や「価値観」といった、社会と関わる上で重要なファクターとなり得る素養を形成するという――



20180515_とある組織10

そんなこと知る由もなく、ひたすらキッズを避けて回る真熊。
大人の人間に対する態度と、露骨なまでに違う対応で、むしろ俺が心苦しかった・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

キッズの将来を担っている真熊にクリックを。



人気ブログランキング

つまりキッズの人間形成は真熊次第なのだ。



【今日の一言】

メジャーは評価指標が徹底されているから、勝ち星が付かなくても評価されるんですよね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 真熊 | 02:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この日の活動では、余りの要員がいなかったんですね。
それどころか、自我の芽生えたキッズがひとり。
まぐちゃんに興味津々ですね~。
まぐちゃん、ちょっと困ったお顔をしながらも、
キッズに触られても我慢。
だからキッズもますますエスカレート。
まぐちゃん、怒ることもなくエライわ❤
このキッズはきっと、ワンちゃん好きに育ちますね。

ようやくお役目を終えて、
メンバーの膝で寛ぐまぐちゃんは、
どこかホッとして、いつもの笑顔になりましたね。
お疲れさま、まぐちゃん。

これがうちのラブだったら・・・と思うと( ̄▽ ̄;)

| ラブママ | 2018/05/15 08:26 | URL |

このキッズは、将来安泰ですね!
動物大好き、犬大好き人間になる事は
間違いないです。
まぐちゃん、何をされても怒らないから
キッズと2人にしても安心ですね^ ^
これがクッキーだったら…
触らせる事も出来ないし、キッズに悪影響を
与える事間違いない💦

まぐちゃん、楽しい時間は嬉しいね😃
まぐちゃんが膝に乗ってるのにスマホ📱
なんて、贅沢なメンバー^ ^

| クッキー&ちゃちゃ | 2018/05/15 11:12 | URL |

本当に

本当にその通りだと思います。
我が家の息子も1歳半ぐらいの時に ノーリードの小型犬に追いかられ(多分遊んでいたつもり)それ以来 犬を怖がり中学生になった今も苦手です…小さい頃の記憶はないみたいですが犬=苦手とインプットされてしまったみたい。おかげで昔から憧れてた犬との生活を実現する事が出来ず…毎日 マグちゃんを見て癒されてます。
マグちゃん 頑張って将来の動物好きを担って下さい!!

| ぽん | 2018/05/15 17:43 | URL | ≫ EDIT

まぐちゃんすごい重要任務を担っていたんですね!!でもまぐちゃんは偉い子だからきっとまぐちゃんと接したキッズ達は動物好きのいい子に育つこと間違いなしです!!(>ω<)

キッズといる時は困惑気味のお顔なのにメンバーの膝の上では満面の笑顔(笑)
今日も表情豊かなまぐちゃんが見れて嬉しいです!( *´︶`*)
今後もまぐちゃん任務遂行のために頑張ってね!!!

| とりっこ | 2018/05/15 19:36 | URL |

おぉ!マグちゃん なんという重要な任務についているんでしょう。
そのキッズの将来がマグちゃんのその小さな肩にかかっているんですね。
うちの弟も小さい時マグちゃんに会えていたら、
今頃はワンコLOVE♡になっていたのに。
躾のされていない犬に追いかけられて、大の犬嫌いになってしまいまし
た。
マグちゃん、頼みます!そんな不幸な子を出さないために。

それにしても、キッズ相手と一時避難とでこうも表情が変わるとは。
わかりやすくてホント可愛いです。

| つばめ11号 | 2018/05/15 22:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/05/15 22:54 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/3626-eb07fd24

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ