熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

結膜炎日記

GWもラスト2日、こんにちわ。

油断していたら、GWが明日で終わってしまいますよ。 まさに光陰矢のごとしですね。
やはり日本も西洋みたいに二ヶ月間くらいのバカンスが必要ですよね。 局長です。



――― さて、本日の 『熊猫犬日記』 の更新はいま少しお待ちを。


20170506_お待ちください2

それまでの間、俺に起こった不運の一つ、“結膜炎” について、まったく興味も必要もないとは思うが、その現状を報告しようと思う。


昨日のお昼ごろ、GW中でも診療している眼科に駆け込むと、初診ゆえに症状を聞かれたので正直に答えると、「それは結膜炎ですね、感染する場合がありますね」という言葉のもと、いきなり他の患者とは隔離されて奥の部屋に一人移されることに。



20170506_お待ちください3

さらに、眼圧検査なども行うのだが、座ったイス、アゴと額を当てた検査器具など、俺が触れたものは後ろからついて来る看護士がすべて消毒して回る。

完全に “病原体” 扱いを受ける俺。
目の不調以上に、むしろ心が折れそうになっていた。



20170506_お待ちください1

休日だけあって、院内はものすごい混み合っていたのだが、「まずはこの病原体をどうにかしないと健全な診療ができない」と判断したのだろうか、俺が最優先に診断されることになり、まずもって感染する症状かを検査された。

結果、感染はしないということが判明し、その後はようやく普通の人間として扱ってもらえることになった。

処方された2種類の目薬を4時間おきに点していたら、あっという間に良くなったのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

病原体扱いの俺に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

プールに入ったわけでもないのに、何が原因だ。



【今日の一言】

結膜炎にもウィルス性とか細菌性とか、いろいろ種類があるんですね。
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 局長 | 10:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/06 11:47 | |

良かったですね、目、
原因は不明だけど、とりあえず落ちついて
良かったです。
今日は風が強いので、目にごみが入らないように
気をつけてくださいね(≧∀≦)

| クッキー&ちゃちゃ | 2017/05/06 12:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/3157-ba619409

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ