熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

浮見堂

13日の金曜日に、こんにちわ。

GW10連休明けの社会復帰ウィークがようやく終わります。 長かったです。
夏休みと春休みで一ヶ月半ずつ休んでいた大学時代が懐かしい局長です。



――― さて、あと3回くらいで終わる 『奈良で会いましょう』 企画のレポート続編。


20160513_浮見堂1

奈良公園』 内にある「飛火野園地」という広大な原っぱでの鹿とのコミュニケーションを終えた我々一行は、再び園内を移動。



20160513_浮見堂2

何やらものすごいボリュームの桜ゾーンが目の前に現れた。

この日のガイド役である不純物ゼロの奈良県民 “シホ” さんが、本来俺を案内しようとしていた場所へと向かっていたのだ。



20160513_浮見堂3

だが、途中で先ほどの「飛火野園地」を俺が見つけてしまい、思いがけない “寄り道” となっていたのだった。

シホさんにとっては、ようやく本来の目的地にやって来たというところだ。



20160513_浮見堂4

「飛火野園地」からさほど離れていないというのに、ここでは鹿が一頭も見えない。
なぜ鹿たちは、ここへは来ないのだろうか。



20160513_浮見堂5

そんなことを考えている俺をよそに、シホさんは真熊の “階段ダッシュ” に合わせて、小走りでどんどんと先へ進んでいってしまった。

まるで桜に吸い込まれていくかのように。



20160513_浮見堂6

階段を降りきると、そこは池のほとりが桜並木になっていて、さらには辺りも暗くなり始めていたために街灯まで灯されているというムーディーな雰囲気。



20160513_浮見堂7

桜慣れした奈良県民でも、さすがにこのロケーションは感激なのだろうか。
夢中でカメラのシャッターを切るシホさん。



そんなことより、ここに来た主の目的はこの木造建築 ―――


20160513_浮見堂8

これは、『浮見堂』 という歴史遺産。

文字どおり、池にお堂が浮いている、なんとも神秘的な建築物なのだ。
まるで、広島の厳島神社のようだ。



20160513_浮見堂9

この池は “鷲池” というのだが、現在大掛かりな工事中で、所々水を塞き止めたりしているため、干ばつのように水のないスポットが発生してしまっている。

本来は、もっと水の多い池に、このお堂が “浮いて見える” らしい。



20160513_浮見堂10

奈良公園と言えば、おそらく多くの人が「大仏か鹿」という印象しかもたないはずなのに、さすがは日本一桜を贅沢している奈良県民。

こんなに素敵なスポットを知っているなんて。



20160513_浮見堂11

浮見堂をバックに、“桜博士” に抱っこされる真熊。
「恐るべし奈良県民」という俺の心の内側を体現しているような表情になってしまっている。



20160513_浮見堂12

写真を撮りまくったところで、いざ浮見堂の中へを歩を進める。

建物自体は、公園にある休憩所のような、壁もない、単に屋根があるだけの造りだが、それでも屋根や橋などそれぞれの建造物に施された芸術的な技術には感動すら覚える。



20160513_浮見堂13

池さえ塞き止めていなければ・・・・

水が豊富なら、“ダイヤモンド浮見堂” ばりの、水面に建物がきれいに写り込むような現象にも期待できただろうに。



20160513_浮見堂14

そして、この見事な桜。
まったく、奈良は桜の見所三昧だ。





次から次に現れる桜を絡めたきれいな景色に、テンションも最高潮に ―――




ムーディーな浮見堂と真っ黒な真熊に愛のクリックを。





奈良県には素敵な桜スポットがたくさん。



【今日の一言】

三菱自動車、ユーザーへの保障云々よりも先に日産との資本協力の話ばかり・・・・
 

20160416_仙台バナー
 

| 会いましょう企画 | 07:58 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんな場所は生粋の奈良県民じぁないと知らない
ですね。奈良公園ってこんな所もあるなんて、
修学旅行生には分かりません(≧∇≦)
満開の桜の時期に来られて良かったですね!

桜の時期は短いけど、今年は桜三昧でしたね〜〜
まぐちゃんも桜、堪能したことでしょうね^_^
可愛い〜〜

| クッキー&ちゃちゃ | 2016/05/13 08:22 | URL |

これまで案内された隠れ名所だけでも素晴らしかったのに、
ここが本命とは(((o(*゚▽゚*)o)))
本当に奈良は日本一の桜県ですね。

水の上に浮かぶように作られた東屋(?)、
素晴らしいのひと言です。
残念ながら水は無かったけれど、まわりを囲む桜が見事!
しかも夕暮れ時なんて、良いタイミングでしたね。

この日だけで、10年分くらいの桜を楽しめたのではないでしょうか?
まぐちゃんもここでは歩けて良かったね。

| ラブママ | 2016/05/13 08:33 | URL |

水上のお堂といえば琵琶湖のしか
知らなかったけど、奈良にも
あったのですね❗
さすか純・奈良県民のシホさんですね〜。
まぐちゃんも、レアな場所に行けて
きっと物珍しかった事でしょう(^^)

| くみ | 2016/05/13 09:26 | URL |

浮見堂ですか、初めて知りました。
京都、奈良は何度行っても奥が深く飽きさせないですね!!

さすが奈良県民!シホさん。(拍手)

局長さん、今回の突発的な桜見旅行、大満足な素敵なものになったんじゃないですか?!

まぐちゃんもキャリーから解放されて歩けてよかったね。
桜より開放感の方が大きいかな?!

池に浮いてるような情緒溢れるお堂を見てみたいです>

紅葉の時期も素敵なんでしょうかね?!

| ふうライ坊 | 2016/05/13 10:04 | URL | ≫ EDIT

浮見堂! 綾瀬はるかさんと多部未華子さんのドラマ「鹿男あおによし」思い出しました あ、玉木宏さんも出てましたね

| こたん | 2016/05/13 10:35 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/13 11:38 | |

本当に素晴らしい景観ですね!!
行ってみたくなりました。
美しいシホさんに抱っこされてるまぐちゃんも嬉しそう♪

素晴らしい写真の数々、ありがとうございます!!(^ ^)

| まぐちゃんLOVE | 2016/05/13 11:44 | URL |

凄い!!
奈良ってこんなに奥が深いんですね~。修学旅行の(鹿の)印象しかなかったので驚きです。シホさんのガイドは完璧ですね!
桜、大満喫できてマグちゃんも楽しかったかな(^o^)

| あっきー | 2016/05/13 12:26 | URL |

見れば見るほど奈良県に行ってみたくなってきました。
吉野の桜にはちょっと早かったのが返ってラッキーだったかも。
本当にどこも満開の桜がきれいですね。
こんなに綺麗なのに、あまり人がいないってのが不思議です。

ここはマグちゃんにとっても最高の場所でしたね。
階段ダッシュで桜に吸い込まれていくなんて
さすが文豪、素敵な表現です。

| つばめ11号 | 2016/05/13 22:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/2726-bfe7d8b5

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ