熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

鹿と真熊 [前編]

こんにちわ。

社会復帰の初日から脳ミソをフル回転させられて、休みボケどころか一瞬で日常生活に引き戻されてしまった局長です。 途中、頭から湯気が出ていたかと思います。



――― さて、ラストスパートに入った 『奈良で会いましょう』 企画のレポート続編。


20160510_鹿と真熊1

奈良県といえば、「せんとくん」。

その「せんとくん」誕生の折に、大きなインスパイアを与えたのが、この生き物。
“鹿” である。



20160510_鹿と真熊2

言うまでもなく「せんとくん」の角(つの)部分はこの鹿がモチーフになっているのだが、その肝心な角のないメスの鹿が真熊に遭遇。

そこそこの距離で対峙し始める。



20160510_鹿と真熊3

しかし、真熊が少し動いただけで、勢いよく逃げていってしまった。

あまり犬に免疫がないのだろうか。
どの鹿も、やたら真熊にビビっていた。



20160510_鹿と真熊4

ちなみにここは、最後はコテコテの観光地に行ってみたいという俺のリクエストに対し、この日のガイド役である生粋の奈良県民 “シホ” さんが案内してくれた、『奈良公園』 。



20160510_鹿と真熊5

奈良公園と言えば、鹿と大仏くらいのイメージしかなかったのだが、まさかこんなに広大な原っぱがあったなんて。

「飛火野園地」というエリアらしいが、地平線が見えそうなくらい広い。



20160510_鹿と真熊6

奥のほうに見事な桜が見えるので、とりあえず向かってみる。

途中、小川も流れていて、実に優雅な雰囲気であった。
奥が深すぎる、奈良公園。



20160510_鹿と真熊7

見事な桜の木の下へ到着すると、なんと中国人観光客の姿が。
前日の銀閣寺以来、ようやく目にした彼らの姿。

しかし、よくこんなマニアックな場所にまで。



そんなことより、上の遠めに撮った写真の真熊 ―――


20160510_鹿と真熊8

えらく笑っていた。



そして、広大な原っぱに立つこの桜の木 ―――


20160510_鹿と真熊9

実に見事だった。

まったく奈良県という場所は、山であったり並木であったり、そうかと思えばこうした草原にポツンと立っていたり、様々な表情の桜を見せてくれるぜ。



20160510_鹿と真熊10

真熊も、よもや自分が “けっこう様々な桜の木を見ているポメラニアン” という立場であることになど気付いてはいないだろう。

むしろ、「なんでどこへ行ってもこの木ばかりなんだろう」くらいに思っているかもしれない。



20160510_鹿と真熊11

実は、この飛火野園地にもかなりの数の鹿がいた。
“群れ” と呼べるくらいの数だ。

真熊も初めてじっくりと鹿を眺めてみる。



20160510_鹿と真熊12

その目にはどう映ったのだろうか。
ちょっと痩せ気味の大型犬か何かと勘違いしてやいないか心配だ。





鹿の群れを初めて目にした真熊。 その小さな目には一体どう映ったのか ―――




なぜか鹿を見て切ない目をする真熊にクリックを。





しかし奈良公園はどこを見ても鹿・鹿・鹿・・・・



【今日の一言】

もう少しリハビリ期間が欲しかった・・・・ 次の連休はお盆か。 待ちきれない・・・・
 

20160416_仙台バナー
 

| 会いましょう企画 | 01:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

奈良公園、こんなに広いんですね。
私は修学旅行で鹿せんべいあげた印象しか
ないので、奈良公園っていろんな所に鹿が
いてとても広いんだなと、改めて思いました^_^
ここでも、満開の桜が見られて良かったですね。

桜の下のまぐちゃんの満面の笑み。
やっぱり、可愛いです(≧∇≦)
そりゃー楽しいよね。可愛いお姉さんと一緒
だもん(o^^o)

| クッキー&ちゃちゃ | 2016/05/10 08:20 | URL |

「飛火野」と聞いて、またもやさだまさしさんの歌を
思い出しました。
♪春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばかり
 泥む夕暮れ・・・♪
「まほろば」です。

以前、飛火野ってどんな所なのかと
歌を聞きながら想像していましたが、
綺麗な公園ですね。

奈良公園の一部なのでしょうか、
こんなに広いとは知りませんでした。
鹿も遠くでくつろいでいて、とってものどかですね。
本当に奈良の懐の深さがうかがえます。

奈良公園まで行っても、なかなかこんな所までは
たどり着けなかったかもしれません。
シホさんのおかげですね。

| ラブママ | 2016/05/10 09:14 | URL |

鹿を小さなお目々で見つめるまぐちゃん・・・何を思ってるんでしょうね?!

うちの弟ポメなら鳴きわめいてるかもしれない・・・

兄ポメはまぐちゃんと同じジーーーーっと見てるだけだろうけど。

でも、真っ黒ポメのまぐちゃんは遠目に撮ると黒い物体ですね(笑)
アップでみて初めて表情がわかるんですよね。
むふっ、やっぱ可愛い♡♡

| ふうライ坊 | 2016/05/10 10:54 | URL | ≫ EDIT

まぐちゃん、鹿と初対面~v-363
お互いがお互いの事、どう思ったんでしょうか?

鹿の群れを見て「いっぱいいる...」の
まぐちゃんの後ろ姿と、ぴろーんと伸びた
お手々が今日の私のツボでした~v-238

| くみ | 2016/05/10 18:48 | URL |

私も奈良公園のイメージは、鹿と大仏でした。
こんな場所があったなんて全然知らなかったので
局長さんの写真と共にもう一度修学旅行をしている気分です。

大きいワンコが大好きなマグちゃん
大きな鹿さんも気になる存在なのかもしれませんね。
切ない目は、あっちに行って一緒に遊びたいっていう訴えなのかも。

| つばめ11号 | 2016/05/10 21:27 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/10 21:44 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanekoinu.blog88.fc2.com/tb.php/2723-43db4a34

TRACKBACK

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ