FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

掟破りのオスだけのひな祭り

木曜日の朝に、こんにちわ。

新型コロナウィルスによるマスク不足の最中に、暖冬で例年より早めの花粉症シーズンがスタートしてしまい、もはや丸腰で戦地に晒されている感じです。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、3月3日(火)の夜のこと。


20200305_オスたちのひな祭り1

そう、女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事、ひな祭り

真熊もようやく目の前にあるものが、お祝いなどの特別なタイミング限定で食べさせてもらえる “ケーキ” だということに気付いたらしい。



20200305_オスたちのひな祭り2

女子のためのお祝いだけあって、やる気満々の嫁女房が、花瓶に差した梅の花と共に準備していた犬猫用のそれっぽいケーキである。



するとそこへ、石像猫のにいなが登場。


20200305_オスたちのひな祭り3

ほんの一瞬、ケーキに視線を落としたものの、すぐに興味は梅の花へ。

どうやら猫にとって “梅の花” というものは、ケーキなんかよりもよほど魅力的な代物に感じるらしい。



20200305_オスたちのひな祭り4

ちなみにケーキだけではなく、ひな祭り用スイーツ(ブッセ)まで用意していた嫁女房。
それでも、猫たちの興味は梅の花のみにロックオンされているようだ。



20200305_オスたちのひな祭り5

真熊は、ずっと待っているのに自分よりも先にこの猫たちにケーキを食い尽くされてしまうんじゃないかという不安を抱えているのだろうが、あいにく猫たちはケーキなど視界にすら入っていないらしい。



20200305_オスたちのひな祭り6

ひょっとしたら、“猫じゃらし” みたいなおもちゃの一つだと勘違いしているのかもしれない、梅の花の小枝を。



しかし、なんだ・・・・?


20200305_オスたちのひな祭り7

女の子のための行事だというのに、そこにはオス猫2匹とオス犬1匹、そしてカメラを向けるオス人間の俺。

オスによるオスのためのひな祭りに成り下がっているではないか・・・・



20200305_オスたちのひな祭り8

そんなこんなで、俺も猫たちによる梅の花への想像以上の異常な反応を写真に納めることに精一杯で、真熊にケーキを「GO!」させてあげることを完全に忘れてしまっていた。



ここでようやく猫たちがブッセに気付いた。


20200305_オスたちのひな祭り9

だからといって、袋を強引に破ろうとするような気合いは見られない。

一方の真熊は、ケーキを食べていい「ヨシ!」の合図をもらいたいのだろうか、キッチンの嫁女房をロックオンしっぱなしである。



20200305_オスたちのひな祭り10

結局、猫たちは再び梅の花で遊び始める。
主役のはずのメス猫も嫁女房もいないままに・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

梅の花に夢中のオス猫たちに愛のクリックを。



人気ブログランキング

ケーキの実食をひたすら待つ真熊にも二発目を。



【今日の一言】

今年の花粉症はマスクなしで対応しなきゃならなくなりそうですね。 鼻栓でもしようかな。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 05:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |