FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

蛇に睨まれた蛙

火曜日の朝に、こんにちわ。

新型コロナウィルスの感染拡大がノンストップですね。 そんな中、今日は2時間以上も電車に乗らねばならない事情が・・・・ 気が重い。 マスクも手に入らないし。 局長です。



――― さて、なんてことのない平日の夜の一コマを。


20200218_ペアシャッフル2

大きな “シンバ” のぬいぐるみに見守られながら、IKEAのパーソナルチェアの上で今にも眠りに落ちそうになっている真熊



20200218_ペアシャッフル1

もう一方のチェアの上では、にいな寿喜のオス猫ペアが珍しく寄り添って寝ている。
まぁ、にいなが一人寝ていたところへ寿喜があとから強引に割り込んだのだろうが。



20200218_ペアシャッフル9

普段はあまりこの上に乗らない真熊だが、この日は珍しくチェアを贅沢使いしながら、いざ眠りの世界へ落ちようとしている。



しかし、次の瞬間 ―――


20200218_ペアシャッフル3

眠気を一気に覚ます、恐怖の存在が目の前に。
天敵・稚葉が、何を思ったのかいきなり真熊の真ん前に鎮座。



20200218_ペアシャッフル4

明らかに俺に対し目で何かを訴えている真熊。
恐らくは稚葉をどこかへ連れて行ってほしいのだろう。



20200218_ペアシャッフル5

稚葉も本当はこっちでにいなにくっ付いて寝たいのだろう。
むっちりしているし、温かいし。

だが、寿喜に先を越されてしまい、仕方なくもう一方のチェアに来たのだ、きっと。



20200218_ペアシャッフル6

真熊にとっては非常にいい迷惑。
しかも、逃げ道も塞がれるような形でポジショニングされている。



20200218_ペアシャッフル7

こういった、図らずもいらぬ緊張感の原因を無意識に作り出す寿喜。
どんな組織にも、必ず一人二人はいるであろう、こういった空気の読めないヤツが。



20200218_ペアシャッフル8

結局、眠気が覚めても尚、動くに動けなくなってしまった真熊。

蛇に睨まれた蛙” という比喩を、こんなに分かりやすく、ましてや自宅で目の当たりにすることがあるなんて・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

脱出不能に陥りピンチ全開の真熊にクリックを。



人気ブログランキング

無意識に真熊の逃げ場を塞ぐ稚葉にも二発目を。



【今日の一言】

ナウシカが腐海に入るとき着けてたマスクでもいいから手に入らないかな・・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 05:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |