FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スタミナ無尽蔵

週の真ん中に、こんにちわ。

ノムさんが・・・・ 野村克也監督が・・・・ 悲しいニュースばかりでイヤになっちゃいます。 ヤクルト監督時代の巨人に対するむき出しの闘争心が思い出されます。 局長です。



――― さて、本日もダラダラとつづいている例のお話を。


20200212₋帰宅後の父子1

そう、お正月に行った “千葉の両親宅” レポート。

5km、小一時間にわたる長距離散歩からようやく帰還した我々一行。
志熊は尚も遊び足りない様子で “親父ドッグラン” に向かって走り出していた。



20200212₋帰宅後の父子2

一方の真熊は、「えっ? 終わりじゃないの?」 といった困惑の表情を浮かべながら俺を見つめている。



20200212₋帰宅後の父子3

さすがに疲れたのだろう。
早く家の中に入りたいというオーラを全身からにじませている。



20200212₋帰宅後の父子4

しかし、俺たちがまるでその兆しを見せずにいると、すぐに諦めがついたのか、家とは逆のほうへと歩き出した。



20200212₋帰宅後の父子5

陽に当たりたかったらしい。

散歩中もずっと快晴だったとはいえ、この日は1月3日で真冬のど真ん中。
日陰でジッとしていたら、そりゃ寒くなってしまうのだ。



20200212₋帰宅後の父子6

光合成” でもしていたのかスリープ状態がつづいていたが、しばらくすると “再起動” が掛かったらしく、急にテンション高めに走り出す真熊。



20200212₋帰宅後の父子7

一方の志熊は、すでにドッグランの中で走り回っていた。
4km弱を歩いてもコレだというこは、俺が思っている以上に無尽蔵の体力をもっているのか。



20200212₋帰宅後の父子8

対する真熊は、ドッグランには来たものの、やはり大嫌いな志熊と遊ぶのは気が乗らないのか、まさかのフェンス1枚を挟んでのポジショニングに。



20200212₋帰宅後の父子9

散歩中は、志熊と仲良さそうな雰囲気すら見せていたというのに、帰ってくると同時に魔法が解けてしまったらしい。

ひたすら家の中に入りたいと目で訴えてくるのであった・・・・






ランキングに参加しています。

更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

予想以上に体力が無尽蔵な志熊にクリックを。



人気ブログランキング

逆に早く家に入りたい真熊にも労いの二発目を。



【今日の一言】

ノムさん、入浴中に逝ってしまうなんて・・・・ スポーツ番組での “ぼやき”、好きだったのに。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 02:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |