FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

感動のゴール

新しい週に、こんにちわ。

新型コロナウィルス問題、やはり残念だけど日本の対応は世界各国と比べて “甘い” と言わざるを得ないようですね。 クルーズ船はともかく、感染者が多すぎますね。 局長です。



――― さて、長々つづいてしまっている例のレポートを再開。


20200210₋長距離散歩1

お正月に “千葉の両親宅” へと出向いたときのお話だが、中でも親父志熊による小一時間、約5kmにわたる散歩の同伴レポートが自分でも “引っ張り過ぎている感” が否めない・・・・



20200210₋長距離散歩2

住宅がポツンポツンと点在する田舎の風景を眺めながら、てくてくと歩きつづける志熊。
すでに一時間が経過しようとしていた。



20200210₋長距離散歩3

12歳のシニア犬である真熊は、とてもじゃないけど同じ距離は歩かせられないから、途中で抱っこに切り替えなきゃ―― なんて思っていたのだが・・・・



20200210₋長距離散歩4

なかなかどうして、年齢を感じさせない軽快な足運びで歩きつづけているではないか。
とくに疲れた様子も見せず、むしろ楽しそうである。



20200210₋長距離散歩5

そして、序盤の1km強は親父に抱っこされた状態だったが、満を持して歩き始めてからは、すでにかなりの距離を歩いている志熊。



20200210₋長距離散歩6

しかも、楽しそうだ。
毎日ゝこんな距離を歩かされているというのに、むしろ本人(犬)は楽しんでいるらしい。



20200210₋長距離散歩7

5kmの道のりのうち、4km弱は自分で歩いているのだから、そりゃ筋肉質なポメラニアンへと育ってしまうわけだ。



20200210₋長距離散歩8

基本的には辺り一面何もないのだが、たまに出てくるこんな “山門の神社” みたいな歴史ありそうな風景なんかも眺めながら、老人とポメラニアンの散歩はつづく。



20200210₋長距離散歩9

ポメラニアンのくせにこんな長距離を毎日歩く志熊もスゴイが、77歳を目前にした老人でありながら、毎日きっちり5kmを歩く親父も大したものだ。



そうこうしていると、親父の住む集落へとつづく国道へと合流。


20200210₋長距離散歩10

南房総へとつながる道で、それでいて交通量が少ないこともあって、かなりのスピードを出した車がビュンビュンと走り去っていく。



20200210₋長距離散歩11

しばらく歩いたのち、この国道を横断して親父の集落へと戻るのだが、さすがに危ないので再び抱っこへ。

フィニッシュの瞬間こそ撮り損ねてしまったのだが、こうして親父と志熊の5kmにも及ぶ散歩への同行は無事に終了したのだった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

毎日ゝ長距離を歩く志熊に労いのクリックを。



人気ブログランキング

4km弱を歩き切った真熊にも労いの二発目を。



【今日の一言】

中国は延期されていた春節明けが今日だけど、各企業は本当に業務を再開できるのだろうか。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 04:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |