FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ついに歩き出す二匹のポメラニアン

新しい週に、こんにちわ。

中国の春節が終わりますが、どうなるのでしょう。 日常生活は戻るのでしょうか。 世界経済や東京五輪に影響は出ないのでしょうか。 不安が尽きない局長です。



――― さて、お正月に行った “千葉の両親宅” レポートの続編を。


20200203_いよいよ歩き出し1

小一時間、約5kmにも及ぶ親父のウォーキング(兼)志熊の散歩に同行した我々一行だったが、なかなか志熊を歩かせないスタイルに少しばかり戸惑い始めていた。



20200203_いよいよ歩き出し2

4kgと3kgのポメラニアンをそれぞれ抱えながら歩きつづける老人と30代女史。

犬たちにとっては眠気に揺られるだけだろうが、人間にとってはそこそこの高負荷トレーニングである。



20200203_いよいよ歩き出し3

そうこうしていると、キョンが横切る人っ子一人いない山道から、民家が点在する人気(ひとけ)のあるエリアへと景色は移っていた。



さっそく、“第一村人” に遭遇 ―――


20200203_いよいよ歩き出し4

普段から志熊とは顔を合わせている老婆のようだが、この日はよく似た風貌の真っ黒いのがもう一匹いることに少しばかり動揺していた。



20200203_いよいよ歩き出し5

この “民家点在エリア” に突入したところで、ようやく親父が志熊を地に下ろした。
そして、志熊のウォーキングが始まったのだ。



20200203_いよいよ歩き出し6

山道では歩かせないルールなのだろうか。
イノシシやキョンが飛び出してくるなどの危険が多いとか。

何はともあれ、ようやく歩けることが嬉しいのか、笑顔全開になる志熊。



20200203_いよいよ歩き出し7

張り切る志熊と、初めての場所でニオイを嗅いだり辺りを見回したりと忙しい真熊で、その距離はものすごい勢いで開く。

箱根駅伝で走る外国人留学生選手の如く、後続をぶっちぎっている感じだ。



20200203_いよいよ歩き出し8

どの家にも軽トラがデフォルトで常備されているかのような不思議な光景を歩くシティーボーイの真熊と、純粋なご当地犬の志熊。



20200203_いよいよ歩き出し9

こうして、ようやく散歩らしい光景を見せてくれることになったのだった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

鬱憤を晴らすように張り切って歩く志熊にクリックを。



人気ブログランキング

抱っこされてアンニュイな顔の真熊にも二発目も。



【今日の一言】

今日は節分ですね。 嫁女房を鬼に見立てて豆の代わりに水風船でもぶつけてやろうか・・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 03:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |