FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

飽きられ真熊と新年会

火曜日の朝に、こんにちわ。

イギリス王室が何やらエライことになっていますね。 日本の皇室も佳子さまの美しさが手に負えない事態になっていますが・・・・ 佳子さまファンの局長です。



――― さて、昨日から始まった “千葉の両親宅” 訪問レポート。


20200121_千葉の両親宅1

1月2日の 『箱根駅伝』 往路を見終わった後に愛車を走らせやって来た “親父” 宅。

車移動用のケージから解き放たれた真熊と、“猫選抜” の寿喜は、ここが親父邸だと分かってはいるものの、一応確認して回っていた。



20200121_千葉の両親宅2

一同の訪問に大はしゃぎの志熊をよそに、寿喜は親父に挨拶。

でも親父は、志熊と真熊以外への動物愛が希薄なため、未だ “猫畜生” 程度にしか思っていないらしく、リアクションは書初め用の半紙くらいの薄さだった。



20200121_千葉の両親宅3

後日、このときの動画をアップするが、志熊は大喜びで寿喜を追い回していた。
到着直後が寿喜にとっては、もっとも苦痛な時間帯なのである。



20200121_千葉の両親宅4

そんな志熊の猛追を、猫特有の軟体ぶりを発揮してスルリとかわして逃げ果せる寿喜。
尚も志熊は遊んでもらっていると勘違いしているようだが。



寿喜同様、真熊へのリアクションもここ数年は低下の一途をたどっている。


20200121_千葉の両親宅5

志熊が生まれる以前は、これでもかというほど溺愛していたのに、今となっては “とりあえず面識のある犬” 程度の対応だ。



2012年に志熊がやって来てからの親父の生活に見る潤いたるや、充実感が半端ない。


20200121_千葉の両親宅6

さらにそこへ “嫁女房” というニューカマーが登場してしまったことで、真熊の存在感は薄まる一方。

では、まったく必要ないと思うが、“親父の愛する対象ランキング” を、嫁女房の登場時期前後に分けて図示してみよう ―――



20200121_千葉の両親宅8

以前は、“志熊小坊主真熊” という三番手に付けていたものの、現在となっては、嫁女房にうつつを抜かしていることもあり、真熊の存在など “圏外” ギリギリのラインまで降下中だ。



そして、我々の到着からひと段落ついたところで、新年会を兼ねた晩酌がスタート。


20200121_千葉の両親宅7

まるで “場末のスナックで若い女の子に相手をしてもらっている団塊の世代” の如く、喜び全開の親父。

77歳になる今年も、衰え知らずで過ごせそうだな。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

親父から飽きられてしまった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

逆に親父から溺愛されている志熊にも二発目を。



【今日の一言】

俺は何を時間を掛けてこんなランキングMAPなんて作っているのやら。 おかげで寝不足だ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 05:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |