FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新年初の嫌な予感

新しい週に、こんにちわ。

昨日の卓球全日本選手権、観ました? 男子シングルスの決勝なんて高校生同士ですよ。 チョレイ張本に競り勝った宇田くん、すごかった。 新星誕生ですな。 局長です。



――― さて、お正月二日目、つまり1月2日のお話。


20200120_お正月1

箱根駅伝』 往路の中継を見終わって、今年は青学大の大失速などがないことに安堵したところで、愛車にケージを設置し、その中に寿喜真熊を入れた。



20200120_お正月2

本来なら、真熊は運転席と助手席の間のベンチシート状になった部分が指定席なのだが、寿喜も乗せるときは、一人(匹)で不安にならないよう、真熊も一緒にケージに入ってもらうことにしているのだ。



20200120_お正月3

こんなセッティングののち、いざ愛車を走らせる俺。
準備も含めて16時前の出発となってしまったので、あっという間に陽が落ちはじめていた。



20200120_お正月4

それはそうと、我々が一体どこへ向かっていたのかというと・・・・

賢明な読者のアナタであれば、聞くまでもないだろう。
箱根駅伝くらい恒例の行事というか企画である。



20200120_お正月5

4匹いる動物の中から真熊と寿喜の2匹だけを連れて、お正月に車で出掛ける先といえば、もはや行きつく場所など一つしかない。



そうこうしている間に ―――


20200120_お正月6

といっても、自宅を出てから3時間弱ほどの長距離運転の末、19時前にその場所へ到着。
目の前の風景を見ながら記憶の糸をたどる寿喜と真熊。



すると、2匹の前に ―――


20200120_お正月7

くまモン” みたいな生き物が顔を出す。



20200120_お正月8

同時に、時間が止まる。

日本一有名な “家政婦” の如く、扉の隙間からジッと無言で見つめるその生き物と、必死に状況を理解しようと頭をフル回転させている寿喜。



20200120_お正月9

そう、“千葉の両親宅” である。
お盆とお正月に敢行している定期訪問の後者だ。

到着するや否や、絶望感悲壮感を全身からにじませる寿喜であった・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

嫌な予感しかしていない寿喜に応援のクリックを。



人気ブログランキング

逆に期待と興奮がにじみ出る志熊にも二発目を。



【今日の一言】

卓球シングルス、男女ともに優勝したのは東京五輪に出場できない選手だなんて・・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 05:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |