FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

熾烈なポジション争い

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

最近は毎週末、深夜にプライムビデオで 『黒革の手帖』 を観ているのですが、いよいよ次回で最終話です。 何年遅れて楽しんでいるのでしょうか。 局長です。



――― さて、少し前のお話。


20191201_猫女1

一畳サイズのホットカーペットの上で、嫁女房と3匹の猫が眠りに就いていた。

ときに、“嫁女房と3匹の猫”・・・・
響きだけ聞くと 『アリババと40人の盗賊』 みたいでカッコいいな・・・・



20191201_猫女2

しばらく定点観測をしていると、猫たちが少しずつポジションチェンジを始めた。
よりベストなポジショニングを模索し合っているのだろう。



20191201_猫女3

ポジショニングなのか甘えようとしているのか、ちょっと微妙なままの寿喜が、いつまでも同じ場所に留まっている間に、稚葉は着々と “トライ&エラー” を繰り返している。



20191201_猫女4

最終的には、“体を密着させながらの腕枕” というベストなポジションをゲットしたらしい。
しかも、モタモタする寿喜のエリアを侵食する、かなり強引なポジショニングだ。



20191201_猫女5

ちなみに、にいなは嫁女房の顔に自分の尻を押し当てるという、コミカルな姿を見せる。

そういえば、前にもこんなことがあった気がする。
>>> 『こんなこと



20191201_猫女6

まんまと寿喜を出し抜いた稚葉は、満足げに、且つ誇らしげな顔をしていた。
対する寿喜は、それほど大きな失敗だとは思っていないようだった。



20191201_猫女7

こうして、ホットカーペットの温もりの中で熟睡する嫁女房をめぐって、猫たちは熾烈な陣取り合戦を繰り広げていたのだった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

今回の勝者である稚葉にお祝いのクリックを。



人気ブログランキング

甘えてばかりで出し抜かれた寿喜にも二発目を。



【今日の一言】

膝が笑うくらいにアクセス等がガタ落ちする週末ですが、無邪気な動物たちに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 13:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ