FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

甘えん坊合戦とその裏側

花金の朝に、こんにちわ。

プロ野球のストーブリーグはFA移籍がひと段落して、外国人選手の契約更新や新規獲得フェーズに移行していますね。 巨人の海外スカウトはレベル低いからなぁ・・・・ 局長です。



――― さて、なんてことのない我が家の日常シリーズ。


20191122_甘えん坊合戦1

例によって、毎晩嫁女房に甘えている稚葉
春用マット” の上で、こうしてお腹を撫でてもらうのが日課になっているらしい。

一方の嫁女房は、まるで逆関節を取られているかのようなフォームで撫でさせられている。



20191122_甘えん坊合戦2

こうなると、自動的に発生するのが猫特有の喉の “ゴロゴロ音”。



20191122_甘えん坊合戦3

しかも、まるで大きな自然災害の前触れで生じる “地鳴り” のような爆音。



20191122_甘えん坊合戦4

マットを敷いていなかったら、フローリングも揺れていたことだろう。
稚葉にとっては幸せな時間なのかもしれないが・・・・・



相変わらずその姿は “化け猫”。


20191122_甘えん坊合戦5

そのせいか、ゴロゴロ音も不気味な効果音に聞こえてしまうほどだ。
ビジュアルって大切だな、やっぱり。



なんてことを思いながら、5分ほど経過すると ―――


20191122_甘えん坊合戦6

あれ?
猫が入れ替わっている・・・・



20191122_甘えん坊合戦7

さっきまでの人(猫)相の悪い化け猫がいなくなって、代わりにひたすら油断しまくったような猫がお腹を撫でてもらっているではないか。

性懲りもなく、“甘えん坊合戦” を繰り広げる嫁女房派の二匹・・・・



20191122_甘えん坊合戦8

そうかと思えば、共同戦線の如く、二匹一緒に甘えていることもしばしば。
春用マットの上で、嫁女房の傍らにそろって寝転ぶ稚葉と寿喜



しかし、俺だけは気付いていた ―――


20191122_甘えん坊合戦9

実は稚葉が、足で寿喜をマットから押し出そうとしていることに。

寿喜の脇に足を押し込み、ジリジリとマットの外側へ押し込んでいるのだ。
そもそも、稚葉の顔が明らかに何かを企んでいる表情ではないか。



20191122_甘えん坊合戦10

そうとは知らずに、平和で和やかな雰囲気を装う、したたか極まりないメス猫。
さらには、この状況に一切気付いていない脳ミソお花畑女



20191122_甘えん坊合戦11

トドメは、自分が押し出されようとしていることすら気付かない天然猫・・・・

平和なのか穏やかなのか、はたまたギスギスしているのか、もはやよく分からなくなっている我が家の日常であった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

押し出されようとしている天然猫にクリックを。



人気ブログランキング

ライバルを蹴落とそうとする化け猫にも二発目を。



【今日の一言】

巨人は外国人投手はそこそこの選手を発掘するけど、打者がヒドイ。 中日とかはいつも当たり。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 07:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |