FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

裏切りのモノトーン

二日連続の節目が明けた朝に、こんにちわ。

おかげさまで、毎年恒例、“二日連続の我が家の節目” が無事に終わりました。 好物をお供えしたり食べさせたり、特別な演出もして、今日からまた通常運転です。 局長です。



――― さて、少し前の10月初旬のお話。


20191121_裏切りモノトーン1

実は、我が家の平穏な日常を打ち砕くような、とんでもない事件が起きていた。
それは、晩ごはんの席でのこと。



お分かりだろうか、このあってはならない光景 ―――


20191121_裏切りモノトーン2

俺クラスになると、“もし江戸時代以前の成人男性が現代のエロ本を見たら” という、筆舌に尽くし難い例えと同レベルの衝撃に襲われたほどだ。



20191121_裏切りモノトーン3

後方で困惑する寿喜の表情が、この問題の大きさを物語っている。

いつもならば、嫁女房の隣を自らのホームポジションとばかりに陣取っているのに、この日はこんな日陰に追いやられているではないか。



20191121_裏切りモノトーン4

代わりに、従来の寿喜の定位置にポジショニングしていたのが、石像猫にいな
だが、俺に対して、いかにもバツが悪そうな表情をのぞかせている。



では、一体何が問題なのかって?


20191121_裏切りモノトーン5

モノトーン兄弟が・・・・

局長派” として俺への忠誠を誓いつづけてきた、にいなと真熊によるあのモノトーン兄弟が、掟破りの嫁女房を囲むように、両サイドに控えているのだ。



20191121_裏切りモノトーン6

ついにキサマらまで・・・・
俺からの恩義を忘れて、刹那的に甘やかしてくれるだけの女の元へ寝返ったというのか。



なんて怒りと悲しみに震えかけたのだが、よく見ると ―――


20191121_裏切りモノトーン7

真熊の視線は、テーブル上のお肉をロックオン。
にいなも、よりテーブルに近い位置を模索してのポジショニングのようだ。

そう、二匹は単に食い意地が張っているだけで、俺への忠義・忠誠を破ったわけではなさそうなので、まぁひと安心というオチだったのだ・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

紛らわしい動きを見せた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

寿喜の定位置を横取りの石像猫にも二発目を。



【今日の一言】

これで寿喜がまた一つ、シニア猫の階段を上ることに。 みんなの成長が止まってくれれば。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 03:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |