FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

新ブランド立ち上げ

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

つい先日、「謹賀新年」と連呼して、その少し後に「令和元年」ブームが来たと思ったら、もう今日で11月が終わっちまいますよ。 激しく動揺している局長です。



――― さて、かれこれ2ヶ月ほど前の9月のお話。


20191130_石像猫1

例によって腑抜けた・・・・ というか平和な光景が広がる我が家のリビング。

まだ暖かだったこともあり、石像みたな猫にいなも、網戸越しに外の世界の音や空気を楽しんでいる様子だった。



20191130_石像猫2

そんな姿にキュンと来たらしい嫁女房が、おもむろに捕獲を試み、自分の膝の上で愛で始めた。

稚葉寿喜は、こうすると喉を「ゴロゴロ」と鳴らせながら、100%脱力した状態で身を委ねてくるのだが、にいなはそうはいかない。



局長派” として嫁女房には絶対に迎合しない姿勢を示している。


20191130_石像猫3

しかも、俺の表情をうかがっている。
お前が何を訴えているかは分かっているぞ。

付き合いとして、少しは甘えたほうがいいですか?
ということだよな。



20191130_石像猫4

その後、再びフローリングの上にリリースされたにいなは、網戸越しにそよ風を浴びながら気持ち良さそうにうたた寝をし始めたのだが、その寝姿が・・・・



20191130_石像猫5

90度ほど回転させると、まぁ精気がないというか、動物病院に貼られている “ノミ” の拡大写真みたいというか、見るに堪えない姿だった。



しかし、その夜 ―――


20191130_石像猫6

尚もフローリングの上で眠りつづけるにいなだったが、少しだけフォームが変わっていた。

その寝姿を見て、俺のクリエイティブ魂に火がついた。
これは少し手を加えるだけで、かなりの作品に仕上がるぞ? と。



20191130_石像猫7
見本” を型紙代わりにして角度を微調整。
体のラインが違い過ぎるが、そこは目をつむって・・・・・



――― 完成!
20191130_石像猫8

最近ちょっとマンネリ化しつつあるこの 『熊猫犬日記』 に、新ブランドの立ち上げだ。

SEKIZOU』。
お腹の肉が気になるが、躍動感があっていいじゃないか。

スポーツブランドとしてブレイクするんじゃないだろうか。



20191130_石像猫9

いや、よくよく見ると、観光地とかにあるアレっぽいな。
KUMA』 とか・・・・

その前に、本家さんに怒られちゃいそうだ・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

幻の新ブランドに狂喜と歓喜のクリックを是非。



人気ブログランキング

嫁女房には甘えない鉄の意思にも二発目を。



【今日の一言】

失禁するほどアクセス等がガタ落ちする週末ですが、石像猫たちに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 16:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ