FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

危険な習性

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

先日 「猛暑が治まった」 とか綴ってしまったが、まったくそんなことはないみたいですね。 暑さが息を吹き返したようで来週は猛暑日がつづくみたいです。 局長です。



――― さて、お盆休みも終わった今頃になって、ちょっと夏らしいお話。


20190824_猫とセミ1

稚葉が珍しくクーラーの効いた部屋でくつろいでいた。
亭主(兼)石像のにいなと共に、例によって外の世界を眺めている。



20190824_猫とセミ2

しかし、なんとなくにいなが落ち着かない様子だ。
稚葉もにいなに釣られたのか、上を向いてソワソワし始めた。



答えはこれだ ―――


20190824_猫とセミ3

セミである。
網戸に留まっていたいたのだ。



すると、稚葉が ―――


20190824_猫とセミ4

挨拶代わりの一撃。

幸いにも、窓の外側に留まっているのでセミは無事なのだが、行動に情け容赦がなさ過ぎてドン引きだ。



プレッシャーや身の危険を感じたのか、セミも移動を開始した。


20190824_猫とセミ5

そりゃそうだ。

6年間も幼虫として地中で過ごして、ようやく孵化して外の世界に出てきたのに、たった一週間程度しか生きられないという過酷な運命を背負っているのだ、セミは。

※ 昨今では 「実は一ヶ月くらい生きられる説」 あり



20190824_猫とセミ6

しかし、そんな都合など知りもしない考えない猫たちは、尚もセミを捕まえようと努力する。
セミを食べなきゃならないほど空腹のはずもないのに、残酷な習性である。



20190824_猫とセミ7

一つだけ良かったのは、寿喜が参戦しなかったことだろうか。

平和主義なのか、セミに気付かなかっただけなのかは分からないが、とにかく無益な殺生だけはしてほしくないものだ。



20190824_猫とセミ8

ちなみに、犬、しかもポメラニアンである真熊には、そういった狩猟本能は1ミリもないので実に安心・安全だ。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

寿命の短いセミを平気で狙う猫たちにクリックを。



人気ブログランキング

狩猟本能とかが欠けている寿喜にも二発目を。



【今日の一言】

アクセス等がガタ落ちする週末で、且つセミを狙う猫たちですが、どうか変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 14:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ