FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

理不尽なマジギレ

日曜日の朝に、こんにちわ。

『冬ソナ』 ブームよりも前から韓国映画に精通していた身としては、今回の対立以前に李明博以降のアホな大統領たちにウンザリです。 金大中さんは偉大だったのに。 局長です。



――― さて、久しぶりに我が家の他愛ないお話を。


20190804_動物たち1

ある日の晩ごはんでの一コマ。

嫁女房が席を外したほんの一瞬の隙に、普段は仲の良くない寿喜にいなのペアがその席を奪取していた。



20190804_動物たち2

少しでも油断すると、『サザエさん』 のオープニングに出てくるドラ猫の如く料理をくわえて逃亡する恐れがあるので、嫁女房も猫たちの手や口の届かない絶妙な距離に椅子をセッティングしていた。



20190804_動物たち3

ちなみに、サザエさんの件(くだり)だが、“お魚くわえたドラ猫” は俺も見た試しがないので、過去に映像化はされていないはずだ。



20190804_動物たち4

それはそうと、猫たちは犬バリに嗅覚を効かせながら、ターゲットを絞り込んでいるようだ。
この日はサバの塩焼きがあったので、いつもより無駄に嗅覚が働いてしまっていたのだろう。



20190804_動物たち5

すると、二匹の中でもとくにソワソワしていた寿喜が、煙のように姿を消した。
一体どこへ・・・・?



20190804_動物たち6

なんてことはない。
椅子に乗ったままでは届かないと判断し、俺の膝元へ “直談判” へとやって来たのだ。



20190804_動物たち7

まるで動物たちを放置して、俺たちだけが美味しいものを食べているような体(てい)で責めてくるのだが、コイツらは既に晩ごはんを済ませている



にもかかわらず ―――


20190804_動物たち8

マジギレ・・・・

サバを食べさせてあげない俺が悪者のようなテンションで責めてくる寿喜。
実に理不尽な猫である。



20190804_動物たち9

一方、古代から人間と共に生活してきた “” に属する真熊は、実に聞き分けがいい。
というか、なぜかこの日はおねだりをしてこない。



そういえば、石像のように動かないにいなも礼節をわきまえた距離感を保っていた。


20190804_動物たち10

寿喜と違ってつまみ食いを狙うこともなく、俺から食べさせてもらえることを信じて、ひたすらじっとしている。

その健気さには感動すら覚えるが、それでも心を鬼にしてサバは与えなかった俺・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

なぜか理不尽にキレる寿喜に戒めのクリックを。



人気ブログランキング

珍しく満腹らしい真熊にも二発目を是非。



【今日の一言】

異常なまでにアクセス等が激減する週末ですが、我が家の動物たちに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 05:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |