FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

局長邸と寿喜と私|前編 【嫁女房日記】

木曜日の朝に、こんにちわ。

賢明な読者の皆さまなら、すでにお察しのことでしょう。そうです、嫁女房です。
前回のカミングアウトでお伝えした通り、週1~2度の代打が決定しました。



20190711_寿喜14

「期間限定じゃなくてもいいよ」 と言ってくださる読者の皆さま、本当にありがとうございます。
とても嬉しい反面、プレッシャーも感じており、早くも書くのに必死です。




――― さて、猫との生活未経験者の私が不安を抱きながら始まった局長邸での新生活。


20190711_寿喜4

今回は2匹目のニャンズ。
こっちゃん” / “ことニャン”(寿喜)のことを書きたいと思います。



20190711_寿喜2

正直なところ、入居直後は一番の不安要素であった “わかちゃん”(稚葉)の反応を見るのに必死で、こっちゃんがどんな反応だったか不確かなところがあります。



20190711_寿喜1

はっきりと覚えているのは、こっちゃんのチャームポイントである 「大きな目」 がさらに大きくなって 「誰にゃ?」 と言われたことでしょうか。



20190711_寿喜3

しかし今、振り返ってみると、ごく自然に距離を近づけていけた相手はこっちゃんでした。



20190711_寿喜7

天性の甘え上手――― と言えると思いますが、長い時間を一緒に過ごしてきたかのように、身を委ねて甘えてくる姿は本当に癒されます。



20190711_寿喜8

私からすると、この甘え方が標準になってしまいますが、局長さんから言わせると、いわゆる普通の猫は 「こんなんじゃない」。



20190711_寿喜10

感情が豊かで名前を呼べばちゃんと来るところ、警戒心ゼロでお腹丸出しの姿などは猫ではあまり見受けられないようです。



他の2匹とは違うこっちゃんの特徴をもうひとつ ―――


20190711_寿喜9

それは 「舐める」 ところです!
実はこっちゃん、よく舐めてくるんです。

これまで愛犬から舐められたことはありましたが、猫に舐められたことは無かったんです。



20190711_寿喜5

なので、初めて舐められたときの衝撃はすごかったです・・・

多分、こっちゃんからすると 「ペロッ」 くらいだったと思いますが、その瞬間、初めて味わう猫のザラザラした舌に “ゾクゾク~” と全身が震えました。



20190711_寿喜6

なに、これ?!” と急いで携帯で検索。


猫 舌 ザラザラ

【検索結果】

ザラザラの原因は 「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」 という尖る突起が無数に生えているから

ザラザラの役割は 「グルーミング(毛づくろい)するため」 「骨から肉をそぎ落とすため」

20190711_寿喜11

※猫は肉食動物なので、自然界では獲物を食べるときに骨についた肉を削ぎ落したりするのに使っていた。
  今はキャットフードなので、あまり活躍の場面はないらしい。



20190711_寿喜12

“ふむふむ・・・、じゃあ舐めてくる理由は?”

「愛情表現、敵意がないことの表れ」・・・・

つまり、受け入れてくれているのね?!



20190711_寿喜13

“ゾクゾク~” なんて嫌な反応をしてごめんね!

こっちゃん、ありがとう。
まだザラザラ舌には慣れないけど、どんどん舐めて!と思う日々なのでした。






局長さんがランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

“なめ猫”(舐め猫)こっちゃんにどうかクリックを。



人気ブログランキング

天性の甘えん坊に二回目も是非お願いします。



【今日の(局長の)一言】

ついに今年最大の繁忙期(仕事外も含め)が始まったので、嫁女房日記フル稼働です・・・・



20190625_ダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 嫁女房日記 | 02:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |