FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

桜の少林寺木人拳

7月最初の花金に、こんにちわ。

やはりプロ野球交流戦は運命の分かれ道になるのですね。 5月を20勝した広島カープがこんなにも大失速してしまうなんて。 このまま目を覚まさないでほしいです。 局長です。



――― さて、“今さらGW前半戦レポート” の続編を。


20190705_角館1

秋田県は “角館”(かくのだて)という街に到着した我々一行は、桜を求めて歩きつつも、途中で文化遺産的な施設にも寄り道。

まずは、そとまち資料館 『たてつ家』。



20190705_角館2

江戸末期に建てられた田鉄(たてつ)家の蔵を、商家の生活用品、所蔵品を展示する資料館として無料開放しており、明治時代に実際に使われていた道具や、大正から昭和初期の雑誌なども展示されていた。



20190705_角館3

昭和初期の古銭を食い入るように見つめる俺。
日本の造幣技術って、昔からすごかったのだなぁと改めて関心していた。



20190705_角館4

真熊はなんのこっちゃ分からないまま、俺と共に施設を見学されられている。
これも社会勉強の一環だ。



20190705_角館5

「たてつ家」 を後にした我々は再び人の波に沿って歩きつづけ、ようやく目的の場所へと足を踏み入れた。



20190705_角館6

桧木内川” (ひのきないがわ)。
覚えているだろうか、このキーワードを。



そう、俺がここに来るきっかけとなった ―――


20190703_秋田へ3

JRのこのポスターに写っているのが、この桧木内川堤なのだ。

ポスターを見ただけで 「行きたい!」 と思って本当に来てしまうなんて、JRの思惑どおりの行動をしてしまっている俺。



20190705_角館7

そして、実際の風景がこれだ。

果てしなくつづく桜並木。
エンドレスで、桜・桜・桜・・・・



20190705_角館8

対岸にも桜・桜・桜・・・・

まさか、これほどだったとは。
例えるなら、“桜の少林寺木人拳



20190705_角館9

少林寺木人拳」 とは、両サイドに並ぶ木製の甲冑のようなものを着込んだ “木人” を撃破して突破しなくてはならないジャッキー・チェンの若い頃の映画だが、よく分からないという若僧はGoogle先生に聞いてみてほしい。



20190705_角館14

とにかく、両サイドに何かが果てしなくあるときの、俺独自の比喩法である。
何をこんなことを掘り下げているのだ、俺は・・・・



20190705_角館10

ということで、いざ俺も桜の少林寺木人拳の中へ。
ピンク色に酔いそうなくらいの桜の世界。



20190705_角館11

しかし、有袋類と化してしまった真熊は、この光景を楽しむ余裕すらないくらいに深い眠りの世界にフェードインしてしまったらしい。



20190705_角館12

雨でびしょびしょに濡れてしまっているので、この芝生エリアにも降ろしてあげられず、真熊にとっては退屈な時間になってしまったかもしれないが ―――



20190705_角館13

俺たち人間は、感動と興奮の坩堝(るつぼ)であった。
美し過ぎるぞ、桧木内川堤の桜並木!


つづく・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

有袋類と化して退屈していた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

桧木内川堤の見事な桜並木にも二発目を。



【今日の一言】

何かきっかけがあると、また息を吹き返してしまうだろう広島カープを今のうちに引き離せ!



20190625_ダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊お出掛け | 07:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |