FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんてことのない春の夜

花金の朝に、こんにちわ。

ビートたけしの離婚の財産分与額が天文学的な数字で衝撃ですね。 芸能界の大御所ってあんなに稼いでるんですね。 サラリーマンとは世界観が違い過ぎます。 局長です。



――― さて、なんてことのない我が家のリビングでの一コマ。


20190614_動物たち1

例によって寿喜が何か文句を言いながら叫んでいた。
真熊も、おかしなモノを見るような目で、その姿を凝視している。



20190614_動物たち2

恐らく寿喜は、嫁女房に構ってほしいのだろう。

でも俺の手前、面と向かって甘えるのは恥ずかしいのか、なんとなくクレーム的なアプローチをする天邪鬼(あまのじゃく)ぶり。



20190614_動物たち3

結局、嫁女房を通過して俺の足元へ。
何がしたいんだ?

一方の真熊は何をしていても楽しそうだ。



20190614_動物たち4

なぜか俺に対しては、なぜか直球であれこれ要求してきた・・・・
しかも、甘えてくるのではなく、単なる要求



20190614_動物たち5

その横で、にいなは相変わらず置物と化していた。

本当に一日のうちで、ほとんどこうして静止している。
退屈しないのだろうか。



20190614_動物たち6

そうこうしているうちに、嫁女房が横になろうと敷いた “春用マット” の上には、いつの間にか伏兵のような別の生き物が横たわっていた。



20190614_動物たち7

ツンデレ猫の稚葉

しかも、ちゃんと嫁女房のスペースを想定しているのか、下半分のスペースを空けている。
一緒にくつろぐ気満々らしい。



20190614_動物たち8

そういえば、真熊はこの春用マットの上に乗らない。

暑がりゆえにホットカーペットの上でもくつろがないのだが、なぜかこの春用マットにも距離を置いている。



20190614_動物たち9

代わりに、ブランケットで巣作りしてその上に。

相変わらず動物たちは謎めいた行動ばかりである。
頭の中では毎日どんなことを考えているのだろう・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

何もしてないのに楽しそうな真熊にクリックを。



人気ブログランキング

なぜかマットには乗らないポリシーにも二発目を。



【今日の一言】

いよいよ巨人と首位広島カープのゲーム差が「1」に。 射程距離に戻ってきましたな!



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 07:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |