FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | 寿喜・後編

快晴の朝に、こんにちわ。

予想どおり、プロ野球の交流戦がそれまでの順位に大きな影響を及ぼし始めましたね。 順位の下位はセ・リーグが占めているし、あの広島カープも大失速ですし。 局長です。



――― さて、本日も毎年恒例 “春のワクチン祭り” のレポート続編を。


20190613_寿喜ワクチン1

4匹まとめて一斉にワクチンをぶち込んでしまおうという一大イベントであるこの日、トップバッターの真熊が無事に診察を終えたところで、2匹目としてキャリーから姿を現したのが天然猫の寿喜



20190613_寿喜ワクチン2

触診から始まり、口の中のチェックへ。
嫌がってはいるものの、真熊よりは素直に口を開ける。



20190613_寿喜ワクチン3

そして、聴診器による心音チェック。
逃走を試みることもなく、大人しく聴診器を当てられている。



20190613_寿喜ワクチン4

さらに、肛門からの体温チェック。
不快感全開なのだろうが、これも大人しく辛抱している寿喜。



これで健康診断フェーズは無事に終了。


20190613_寿喜ワクチン5

しかし、寿喜は明らかに怒っている
家の中ではあまり見せない顔を、惜しみなくカメラに向けているではないか。



20190613_寿喜ワクチン6

やむを得ず、メンタルのフォローに入る俺。
これをきっかけに今さら病院嫌いになってしまっても今後困るだけなので、必死に慰める。

その後方で、すでに任務を終えている真熊はお気楽ぶり全開の顔を見せている。



20190613_寿喜ワクチン7

俺がこうやって寿喜の注意を引きつけている間に、獣医師の先生は気配を消しながら次の準備を始める。

そう、この日の本来の目的であるワクチン接種である。



20190613_寿喜ワクチン8

寿喜が不貞腐れながら俺のほうを向いている隙に、プスッと一瞬のうちに注射。
この間、わずか5秒ほどの仕事であった。



20190613_寿喜ワクチン9

首元をつかまれたと思ったら、あっという間に去っていった先生に、逆に不思議そうな顔を見せながら困惑する寿喜。



20190613_寿喜ワクチン10

ということで、寿喜も無事にミッション終了。

後方の真熊と違い未だに怒りは鎮まらない様子だが、とにかくこれでまた一年間を健康に過ごせるのだから良かった良かった。



20190613_寿喜ワクチン11

昨年は一度に4匹まとめて連れてくるという大技に挑戦していたが、思いのほか大変だったので今年は例年どおり2匹ずつ2セットに分けての通院に。

こうして前半戦は無事に終了。
後半戦につづくのであった・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

逃げないものの警戒心MAXの寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

明らさまに不機嫌になる姿にも二発目を是非。



【今日の一言】

このまま広島カープが失速してくれれば、後半戦のセ・リーグはもう少し盛り上がるはず。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 07:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |