FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | 真熊・後編

雨の朝に、こんにちわ。

昨日は寒かったですね(関東地方の話ですが)。 久しぶりに石油ファンヒーターを点けたくらいです。 ひどい雨だし、湿気はすごいし、最悪の気候で参りました。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、毎年恒例の “春のワクチン祭り” レポートを。


20190611_真熊ワクチン1

4匹のトップバッターを務めるのは、“あらゆる場所でも問題行動を一切起こさないポメラニアン” として名を馳せる真熊



20190611_真熊ワクチン2

一連の触診や健康チェックが終わったところで、肛門から体温測定
特に異常なし。



20190611_真熊ワクチン3

これでミッション終了と勘違いしている様子が否めないが、むしろここまでは居酒屋に例えるなら “お通し” みたいなものだ。
(関西では “突き出し” ですな)



20190611_真熊ワクチン4

むしろ、ここからが本番。
獣医師の先生も、流れ作業的に、且つ事務的に真熊の腕に駆血帯を巻き始める。



20190611_真熊ワクチン5

明らかにこれまでよりもハードな “何か” がなされようとしている危険な空気を感じ取ってフリーズする真熊。



20190611_真熊ワクチン6

採血” である。

血液検査により、フィラリア感染の有無と、その他の細かな健康診断を行う、人間と同様の毎年恒例の責務だ。



20190611_真熊ワクチン7

例年は、あまりの毛量と、生まれもった血管の細さに、採血はかなりの苦戦を強いられ、四肢のすべてに針を射すことも多かった。



20190611_真熊ワクチン8

だが、さすがに11回目ともなれば先生も真熊の体に慣れてきたのだろうか、今年は一発で規定の量を採取できた。



20190611_真熊ワクチン9

血液検査は専門の機関に回すこともあり、後日の結果報告となっていたのだが、今年も大きな異常は見当たらず、年齢のわりには健康を保てているらしい。

残すは最後の工程 ―――



20190611_真熊ワクチン10

この日の本来の目的であるワクチン接種
首の皮に、本人もよく分かっていないうちにプスッと注射。



20190611_真熊ワクチン11

こうして、4匹のトップバッターである真熊の全ミッションが無事に終了。
また一年間、健康に過ごせますように。

そして、猫たちにバトンタッチされるのであった・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

痛い採血に耐えきった真熊に労いのクリックを。



人気ブログランキング

いつの間にか病院嫌いになったけど二発目を。



【今日の一言】

寒暖差が激しい日が続きそうですが、体調を崩さないように注意しましょうね。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 07:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |