FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

田舎の思い出あるある | 今さらお正月レポート④

週の真ん中に、こんにちわ。

斎藤佑樹が今季はメジャー流の “オープナー”(ショート・スターター)として働くことになるかもしれませんね。 確かに今の彼には最適な起用法だと思いますよ。 局長です。



――― さて、本日も二ヶ月以上前のお話である “今さらお正月レポート” の続編を。


20190320_キッズ1

千葉の両親宅” 滞在二日目である1月5日(土)。

小一時間にわたる長距離散歩から帰って来た “志熊” を待ち構えて、真熊と父子二匹を “親父ドッグラン” で遊ばせることに。



20190320_キッズ2

すると、“親父” がうっかり家の中に戻す手続きである「肉球ケア」を始めようとしていたところへ、見るからに勢いがありそうな女児が食い付いてきた。



おや? その左側にはもう一人の女児が ―――


20190320_キッズ3

この真熊を羽交い絞めにしているのは、ここでのお馴染み、最近ではすっかり大人びてしまった元 “アンゴルモアの大王” であるが、そうすると、もう一人は一体・・・・・



20190320_キッズ4

なんと、お隣さんのそのまた奥の家に、お正月で遊びに来ていた東京在住のお孫さんだとか。
元アンゴルモアの大王とも、ここで知り合ったらしい

絵に描いたような “田舎に遊びにいった小学生の思い出あるある” じゃないか!



20190320_キッズ5

この年頃の、且つ自宅ではペットを飼育していない子供たちには、小型犬で且つ愛玩犬という存在は格好の餌食である。

動くぬいぐるみのような存在なのだろう。



20190320_キッズ6

案の定 “捕獲” されて、無言のまま目だけで俺に何かを訴えてくる真熊。
目は口ほどに物を言う” とはよく言ったもので、明らかに目が “SOS” と言っている。



20190320_キッズ7

そこへ、肉球ケアを中止した志熊が、親父によって運ばれてきた。

すでに3~4kmほど歩いてきた直後だというのに、まったく疲れた様子が一切見えないタフネス・ポメラニアン



20190320_キッズ8

志熊が芝生に放たれた瞬間に、元アンゴルモアの大王の興味は潔ささえ感じるほどに真熊から志熊へとシフトチェンジ。



20190320_キッズ9

当の志熊も、この子との関係はしっかりと出来上がっているらしく、とくに苦にする様子もなく、普通に遊び始めていた。


つづく・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

子供の扱いにも慣れている志熊にクリックを。



人気ブログランキング

田舎で毎日つつがなく過ごしているらしい志熊。



【今日の一言】

斎藤佑樹が少しでも活躍するだけで、日本のプロ野球は大いに盛り上がりますよね!




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 02:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |