FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

節分の裏側

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

清原和博氏のお母さんが亡くなっていたんですね。 彼の自伝でも度々登場していて、常に大きな決断のアシストをしていた存在だったようなのでショックでしょうね。 局長です。



――― さて、かれこれ一ヶ月以上も前のことだが、我が家の “節分” を綴った。


20190205_節分9

“鬼担当” となった我が家の動物たちについてのお話だった。
こんな鬼の面をかぶった動物たちの。


 【そのときの記事】

 2019.02.04
 『鬼退治失敗 | 節分・前編



実は、このお話にはちょっとした裏話があったのだ ―――


20190316_節分の裏側1

始めのうちは大人しく写真撮影に応じていた寿喜
だが、少しすると反抗的な態度を見せるようになってきていた。



20190316_節分の裏側2

どうやら、10数分が経過して初めて、頭の上に付けられている何かに違和感を覚え始めたらしい。

神経や感覚が鈍いのだろうか。



20190316_節分の裏側3

すると、頭の上のそれを取り外そうと、『NAI-NAI 16』(シブがき隊/1982年)の薬丸裕英パートのように “ジタバタ” し始めた。



20190316_節分の裏側4

そして、明らかに怒っていた。

さらには、鬼の面がちょうど手の届かない絶妙な場所に付いていたらしく、イライラもピークに達していた。



20190316_節分の裏側5

あまりに激しくジタバタしたもんで、途中フラっとよろけるシーンすらあった。

それでも手を貸さない俺。
なぜなら写真の撮れ高が良かったからだ。



20190316_節分の裏側6

すったもんだの末に、ようやく寿喜の頭から外れた鬼の面。

ちなみに、にいなも俺同様、一切手を貸さなかった。
そう、猫の手も貸さなかったのだ。



20190316_節分の裏側7

自分の頭に一体何が取り付いて(憑りついて)いたのか、しっかり確認する寿喜。
とはいえ、これがなんなのだか理解はできていないだろう。



20190316_節分の裏側8

しかも、落ちた鬼の面が、なんとなく寿喜を嘲笑うかのような表情だったのも奇跡である。
てへっ」 みたいな顔つきなのだ、鬼のくせに。



20190316_節分の裏側9

こうして、大立ち回りの末にようやく鬼の呪縛から解き放たれた寿喜。
落ち着きを取り戻したらしい。



そんな寿喜のおもしろ写真を撮り終えた俺は ―――


20190316_節分の裏側10

東北東の方角に向かって、恵方巻(海鮮味)を咥えていた。

なんかよく分からないけど、寿喜にとっても俺にとっても、いい節分だったと思う。
なんとなくだけど・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

鬼に苦しめられた寿喜に愛と労いのクリックを。



人気ブログランキング

寿喜を苦しめた鬼のすっ呆けた顔にもポチっと。



【今日の一言】

清原氏、かなりショックな状況でしょうが、更生のブレーキになりませんように・・・・




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 14:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ