FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

扱いの違いに戸惑うポメラニアン

日曜日の朝に、こんにちわ。

そういえば金曜日は “猫の日” だったんですね。 だからといって世の中で猫がとくに大事にされるわけでもなく、クロネコヤマトも普通に走り回っていましたね。 局長です。



――― さて、ずいぶん前のことになるのだが、ある週末のお話を。


20190224_とある組織1

土曜日の夜、つまり 「フィーバー」 する・しないは別として “サタデーナイト” 。
俺の所用に当たり前のような顔してついて来た真熊



20190224_とある組織2

そう、毎週のことだが、俺が局長を務める 「とある組織」 の活動日だったのだ。
活動フィールドである体育館に着くと、入念に辺りを見渡す真熊。



20190224_とある組織3

この日は例の “キッズ” たちが来ていなかった。

真熊の安らぎを脅かす小さな悪魔、キッズ兄弟
そもそも子供が苦手な真熊は、このキッズたちを “志熊” 並みに避けるのだ。



20190224_とある組織4

おまけに人数も少なく、活動からあぶれて遊び相手になってくれるメンバーもいなかったので、おとなしく待っているしかなくなってしまった。



20190224_とある組織5

こうなってしまうと、逆にキッズたちがいたほうが退屈することもなかっただろう。
きっと自分でも分かってはいるものの、素直に認められない真熊。



20190224_とある組織6

活動が終了すると、帰り支度の済んだメンバーの元へ行き、お腹をなでてもらおうと目論む。
自ら仰向けになっての “ウェルカム” 体勢だ。



20190224_とある組織7

活動を終えて疲れているのに、いざ帰ろうというタイミングでよその犬のお腹を半ば強制的になでさせられるメンバーたち。



20190224_とある組織8

先日の 『駒沢公園で会いましょう』 企画とは、真逆のような扱いになっている真熊。
当の真熊にとっても、人間の対応の違いに理解が追い付かないところだろう・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

キッズがいなくて実は退屈だった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

ここではあまりチヤホヤされなくなっている真熊。



【今日の一言】

“犬の日” は11月1日ですよ。 11月11日は “ポッキーの日” だから間違えないように。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊 | 04:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |