FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テンション低めの冬

日曜日の朝に、こんにちわ。

昨日は “同級生タカコ” の誕生日だったんです。 女性ですから年齢は言えませんが、45歳の俺の同級生であるタカコの新たな一年間に幸あれ。 優しさに溢れる局長です。



――― さて、昨日につづき、本日も 「余っちゃった写真を放出」 シリーズにて。


20190217_散る1

前々回の “散る” シリーズでの写真たち。
最近、二週連続で散っているのだが、その第一弾のあまり写真である。



そう、このとき。


20190206_臨時休載2

俺がこの手のことをしたときは、とりあえず背中に乗るとインプットされている真熊
もはや条件反射的に体が動いているのだろう。



20190217_散る2

但し、このときは背中に乗ってしまうと安定感ゼロの滑り台となってしまうため、本人(犬)も危険を察知したのか背中ではなくお尻に乗ってきた。



20190217_散る3

俺も革製ソファに、ツルツルのダウンジャケットなんかで倒れ込んでしまったので、滑る滑る。



20190217_散る4

素材同士の相性と、心身ともに疲れたメンタルとで、人生の坂道を転げ落ちるかのような勢いで滑り落ちていく俺。

その様子を少し引いた目で見つめる真熊とにいな



20190217_散る5

忠実に背中に乗っていたら、長野県は諏訪大社で行われる、大きな丸太に乗って山を滑り降りる御柱祭』(おんばしらさい)みたいになってしまうところだったろう。



20190217_散る6

話変わって、これは今朝、真熊をトイレ散歩に連れ出したときの様子。

「早くお外に行きましょう」 とばかりに笑顔全開でアピールしてきたというのに、いざ外に出たら、またもこの水面下のテンション。



20190217_散る7

しかし、『自宅ドッグラン』 で少し経つと、徐々に笑顔が出てきた。
前回はただ眠かっただけだったのだろうか。

いつもそうやって笑ってろ!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

テンション低めの写真ばかりの真熊にクリックを。



人気ブログランキング

いつも低めのテンションのにいなにも二発目を。



【今日の一言】

そういえば先日の “のりピーの誕生日” はカナちゃんの誕生日でもあったらしいっす。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊 | 09:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |