FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

納豆ドキドキ初体験

日曜日の朝に、こんにちわ。

俳優・新井浩文の事件には衝撃でしたね。 お酒にまつわる事件・事故は芸能界だろうが一般社会だろうが身近なので気を付けなきゃいけないっすね。 局長です。



――― さて、本日は 『駒沢公園で会いましょう』 レポートの裏話を。


20190203_納豆猫1

駒沢公園での “会いましょう企画” を翌日に控えた12月8日の土曜日、つまりジョン・レノンの命日だった夜のお話。

晩酌中の俺の元へ、寿喜がやって来た。



20190203_納豆猫2

その横から真熊が猛スピードで現れてスタンディング。
すぐさま俺からスプーンで何かを食べさせてもらう。



20190203_納豆猫3

その後も、“高速ガリガリ” を交えながら、しつこくおねだりをつづける真熊。
一方の寿喜は、どうもおねだりに躊躇している模様。



20190203_納豆猫4

とはいえ、どうにも気になって仕方ない様子なので、試しにひと口だけでも食べてみることを勧めてみる。

食わず嫌いは良くないのだ。



20190203_納豆猫5

ときに、食い意地の張っているあの寿喜が、一体何をためらっているというのか。

そう、納豆である。
あの素人には厳しいニオイを伴う日本古来の発酵食品。



20190203_納豆猫6

まずは恐る恐る舐めてみる・・・・



20190203_納豆猫7

すると、味的にはヒットだったのか、いきなり勢いよく食らい付く。



20190203_納豆猫8

口に入れた後は、独特の粘り気と、糸が引くという不測の事態に少しばかり面食らった感がありながらも、もぐもぐと飲み込んでいく。



20190203_納豆猫9

美味しかったのか、不味かったのか、口に合うのか合わないのか、たったひと口では判断がつかなかったらしく、おかわりを要求してくる寿喜。



20190203_納豆猫10

俺の手をホールドしながら、ニオイから口触りまで細かくジャッジしようというのか。
いつにない慎重さが窺える。



20190203_納豆猫11

この二口目からは、かなりスムーズに食べられるようになっていた。
なかなかの学習能力である。



真熊はすでに、かなり前から納豆をマスターしているので大好物である。


20190203_納豆猫12

それを、この日は自分の分を寿喜に食べられてしまってストレスフルな時間になってしまっていたが、さすがに耐えられなくなったらしく飛び込んできた。



20190203_納豆猫13

実は寿喜が美味しそうに納豆を食べる姿を見て、にいな稚葉も興味をもち出してトライしてみたのだが、ニオイを嗅いだ時点でギブアップだった。

人間でも苦手な人は多いというのに、なかなかの順応性を見せた寿喜であった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

初めての納豆を経験した寿喜に愛のクリックを。



人気ブログランキング

納豆は健康にいいのでこれからも食べようぞ。



【今日の一言】

新井浩文、芸能界でのこの手の事件は莫大な違約金問題が発生するから一大事ですね。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 11:07 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |