FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あの女性に会いました | 駒沢公園で会いましょう⑥

週の真ん中に、こんにちわ。

NGT48の事件の終息は一向に見えませんね。 知らない男にいきなり襲われて、その後も元気に振る舞える女の子なんているわけないですからね。 局長です。



――― さて、本日も 『駒沢公園で会いましょう』 レポートの続編を。


20190116_有村架純1

企画スタートから小一時間が過ぎた頃、俺のLINEが鳴った。

まるで何かを訴えるかのように、心なしかいつもよりも激しく鳴ったような気がする。
相手は “ブラザーK” だった。



20190116_有村架純2

バカげた内容である。

きっと駒沢公園のドッグランで、スタッフもおらず一人で奔走しているであろう俺をからかったものだろうと、完全にスルーした。



しかし、つづけざまにこんな画像が送られてきた。


20190116_有村架純3

小さいし粗いし、よく分かりづらいが、駒沢公園の歩道橋らしき場所で、ノースリーブ姿の女性の後ろ姿が写っていることだけは確認できた。



20190116_有村架純4

「これはまさか・・・・」

ひとまず会話をしていた読者さんに 「ちょっと外します」 的なお断りをして、すぐさま真熊を抱きかかえたまま歩道橋に向かって走った。



20190116_有村架純5

すると、本当にいた。
実物の有村架純がそこにいた。



20190116_有村架純6

ブラザーKによると、何かの撮影だったらしく、スタッフ陣が一気にセットを組んで、準備ができたところで有村架純が登場し、スチール撮影がスタート。

このタイミングで後方からこっそり撮影をして俺にLINEを送ったらしい。



20190116_有村架純7

そして15分程度で撮り終わると、有村架純はグラウンドコートを着せられて、マネージャーやスタッフに両脇をしっかり固められながら車へと移動。

駆け付けた俺は、このタイミングで実物の彼女を真正面から目撃したのだった。



20190116_有村架純8

そのままスタッフ陣による、素人が近づく隙など与えない鉄壁なディフェンスのまま、用意されていた車へ乗り込んでいく有村架純。

きっとこれは “運命” だ。



20190116_有村架純9

決して近所でもない駒沢公園で “会いましょう” 企画を催したタイミングで有村架純がやって来るなんて、これを “運命” と呼ばずになんと呼ぼう。

“偶然” なんて呼ぶ者がいるとしたら、俺が20年以上前に封印した “パキスタン・ラリアット” をお見舞いしてやりたい。



20190116_有村架純10

こうして、運命のイタズラに導かれた俺と有村架純は、氷のような冷たい顔をしたスタッフたちにより引き離され、代わりにコイツだけが残った・・・・



そう、ブラザーK。


20190116_有村架純11

“別件バウアー” で狛江市に用事があったらしく、帰りに立ち寄ったとのこと。

歩道橋の向こう側エリアで催されていたフリーマーケットで、『ドラえもん』 のぬいぐるみとアルミ製の 「ゆたんぽ」 を購入したところで、有村架純を目撃したそうな。



20190116_有村架純12

普段はこの男に別段これといった思い入れはないのだが、このときばかりはキューピットのような姿に見えてしまった。

スッポンポンで背中に羽が生えていた。



20190116_有村架純13

そんなこんなで、“有村架純騒動” を含めて、企画スタートからまだ一時間半程度しか経過していないというのに、一気に燃え尽き症候群のような症状に陥ってしまった俺。



美しかった。


20190116_有村架純14

テレビで見る姿よりも、実物はさらに美しかった。
放っているオーラが違った。

職場で 「可愛い」 なんて言われている女子など、所詮は “平民レベル” だと思わずにはいられなかった。



20190116_有村架純15

その後のドッグランでの俺との会話が “心ここにあらず” みたいな雰囲気に感じた人もいたかもしれないが、こういった理由からだったのだ。

だから俺は悪くない。
悪いのは、俺のハートを鷲づかみにして去って行った有村架純♥






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

有村架純を肉眼で見た俺の興奮にクリックを。



人気ブログランキング

真熊も有村架純を見れたから幸せな犬だ。



【今日の一言】

NGT48問題、運営側の対応が遅きに失した感が否めないですね。 あれは組織としてヒドイ。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 会いましょう企画 | 02:34 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |