FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

志熊尽くし |駒沢公園で会いましょう④

1月11日、「111」の日に、こんにちわ。

今日は鏡開きの日だそうですが、お餅を食べられない俺には縁のない日です。 “お餅つき” はつく行為は好きだけど、そこでミッション終了です。 局長です。



――― さて、本日も 『駒沢公園で会いましょう』 レポートの続編を。


20190111_志熊1

普段は、外房の片田舎で老人と二人で暮らし、さらには小一時間の散歩へ行っても、犬はおろか人にすらすれ違わないレベルのスローライフを送っている “志熊”。



20190111_志熊2

唯一出会う存在といえば、お隣さんの老人夫婦のみ。
あとは散歩の途中で “キョン” が横切る程度。



20190111_志熊3

そんな生活ゆえに、都会のドッグランなどへ連れて来たら、人見知りや犬見知りが爆発し、怯えたり萎縮したりでろくに動けもしないんじゃないかと心配していた俺。



20190111_志熊4

・・・・・とんだ思い違いだった。

コミュニケーション能力というものは、日々の鍛錬がなくとも、ある程度はDNA経由で親から子へ受け継がれるものらしい。



20190111_志熊5

都会人、都会犬、福島人、福島犬、千葉人、千葉犬、誰が相手であろうと物怖じもせず、堂々と渡り合っているではないか、志熊ときたら。



20190111_志熊9

いや、「渡り合っている」というか、楽しんで交流している。
久しぶりに接する “よその人”、“よその犬” とのコミュニケーションを楽しんでいるではないか。



20190111_志熊8

同じように人が大好きでも、犬には一切興味がなく、さらには幼い子供、幼い犬が大嫌いな真熊よりも、むしろ社交性は優れているということか。



20190111_志熊6

真熊ほどの芸達者でもなく、無駄吠えもするが、社交性という愛玩犬に求められるもっとも大事なファクターは、かなり高い能力をもっているらしい志熊。



20190111_志熊7

自分が今、何を求められているのかを読む力もあるらしい。
フェンスの外から熱視線を送ってくれていたファミリーにも自ら歩み寄る。



20190111_志熊10

ということで、『のらくろ』 みたいな風貌に仕上がってしまったが、愛玩犬としての使命感だけは遺伝子レベルで刻み込まれている志熊であった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

真熊よりも社交性のある志熊にクリックを。



人気ブログランキング

短くて白いマズルがチャームポイントなんです。



【今日の一言】

幼少期は、きな粉をつけたお餅くらいなら食べられたのに、いまではきな粉すら苦手に・・・・
 


七度目のダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 会いましょう企画 | 02:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |