FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

動物用お節 ~前編

お正月の朝に、こんにちわ。

三が日が終わりましたね。 今日から仕事始めという方、ご愁傷様です。 日曜日までお休みの局長です。 昼夜逆転のような曜日感覚すら失っている怠惰な生活です。



――― さて、お正月休みの間は、それっぽいお話で押し通してみよう。


20190104_お節1

このお正月休みの期間は、わざわざ買い物へ行かなくてもいいよう、極端な話、家から一歩も出なくても生きていけるくらいに、あれこれ食材を買い込んでおいた俺。

お節料理に、餃子、イクラ、駄菓子まで、ちょっと贅沢な商品構成にもしていた。



20190104_お節2

だが、それは何も俺だけのためではない。
お正月気分は、ちゃんとコイツら動物たちとも共有できるようにしておいたのだ。



20190104_お節3

いつの頃からか、世の中とても豊かになったもので、ご存じのとおりペット用のお正月料理が数多く販売されているのだ。



20190104_お節4

ということで、真熊には 「お雑煮」、猫どもには 「お節料理」 を買っていた。

本当は犬も猫もお節料理で統一したかったのだが、犬用お節だけが売っていなかったので、やむを得ずお雑煮に。



20190104_お節5

驚くべきは、猫用お節なんて人間用とまるで変わらないクオリティだということ。
黒豆の煮たやつまで入っているじゃないか。



20190104_お節7

白米にお味噌汁をかけただけの “猫まんま” を与えられていた時代の猫たちが、今さらながら不憫に思えてならないくらいだ。



20190104_お節6

漂ういい匂いに、完全に意識を奪われていた猫たちだが、そのまま無意識のような状態でお節に吸い寄せられていく寿喜

油断も隙もあったもんじゃない。



20190104_お節8

ケンカにならないよう、ちゃんとこれらを三等分。
真熊のお雑煮は、お皿に少しずつ盛ってやることに。



20190104_お節9

しかし、こうした手続きをどうしても大人しく待っていられないヤツが。

猫が乗れないようにセッティングしてある “鋲” のわずかな隙間を縫って、ちゃっかりロックオンの体勢になっている。



20190104_お節10

匂いを嗅いで獲物を確認。

そんなことより、俺に気付かれてないと思っているのだろうか。
こんなに大胆なアクションを取りながら。



20190104_お節11

体を最大限に伸ばして、いざ捕獲、いや捕食準備OK。
本当に俺にバレていないと思っているらしい。



20190104_お節12

そして、一気に強奪。
きっと 「してやったり」 の気分なのだろう。



だが寿喜よ、それって ―――


20190104_お節13

お飾りだぞ、プラスティック製の。
そんなんで満足してくれるのなら、とくに俺も何も言わないが・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今年はお節を食べられる動物たちにクリックを。



人気ブログランキング

毎日がお休み気分だから特に必要なかったか?



【今日の一言】

今日から仕事始めでも、明日からまた週末ですので、なんとか一日乗り切ってください。
 


七度目のダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 07:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |