FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いつまでも無邪気でいたいポメラニアン

仕事納めの日に、こんにちわ。

今年も一年間お仕事お疲れさまでした。 カレンダー通りではない仕事の人も多いと思いますが、大半の人は今日が仕事納めでしょう。 納会で羽目外さないように。 局長です。



――― さて、三日間ほどつづいた “志熊” 来訪のレポートをワンブレイク。


20181228_とある組織1

同じ話が何日もつづくと飽きてしまうのが人の性(さが)。
ということで、これまたレギュラーコンテンツと化している、お馴染みのシリーズを。



20181228_とある組織2

そう、俺が局長を務める「とある組織」の活動に、当たり前のようにくっ付いてくる真熊の週一ルーティーンのレポートである。



20181228_とある組織3

とはいえ、最近では真熊にとっても慣れが生じ過ぎていたのか、ろくに笑顔もなく冷めた様子がつづいていたのだが、なぜかこの日はいつになく楽しそうにしていた。



20181228_とある組織4

理由はただ一つ。
天敵である “キッズ” がいなかったのだ。



20181228_とある組織5

小さな子供がいないだけで、これだけ楽しそうに振る舞う。
全身からにじみ出てしまう器の小ささ。



20181228_とある組織6

なんとなく分かってきた。
キッズがいないと楽しそうな理由が。

単にちょっかい出されたり、うるさかったりするだけではないのだろう。



20181228_とある組織7

ああいった幼い子供がいると、自分が無邪気に振る舞えないからなのだ、きっと。
そう、結局は自分が子供のままでいたいのだ。



20181228_とある組織8

だから志熊にも冷たいのだ。
自分のポジションを危うくする存在は、すべて敵なのだろう。



20181228_とある組織9

そうこうしているうちに、この日の組織の活動は終了。

人の円の中心にいたがる真熊。
視線や注目を独り占めにしたいワガママさが見え隠れしている。



20181228_とある組織10

すると、首回りが痒くなったのか、後ろ足でかき始めたのだが、その姿は単なる黒いこんもりした “山” だった。

どこが頭なのかさえ分からない。



20181228_とある組織11

こうして、この日は最初から最後まで笑顔全開で終了した真熊。
すごく楽しめたらしい。

器は小さいけど・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

いつになくずっと笑顔全開だった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

仕事納めを互いに労うクリックをポチっと。



【今日の一言】

今夜は飲み会が遅くまで続くと思うので、きっと明日の更新は遅くなると思います・・・・
 


七度目のダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊 | 08:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |