FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ノンストップ・ポメラニアン

花金の朝に、こんにちわ。

今年は貴乃花親方周辺のザワつきにメディアが翻弄されまくった一年間でしたね。 でも、三代続けて離婚ともなると、やはり普通の家庭ではなかったんでしょうね。 局長です。



――― さて、すぐそこまで終わりが見えてきている例のレポートの続編を。


20181214_ドッグラン1

某獣医大の学園祭真熊と出掛けたお話ながら、ここ二日間は単なるドッグラン・レポートにしか見えてなくなっている件。



20181214_ドッグラン2

とはいえ、久しぶりのお出掛けだけあって、あまりにも真熊が楽しそうな笑みを振りまくので、ついつい写真点数も多くなってしまったのだった。



20181214_ドッグラン3

今日を除けばあと一話で終わるので、もう少しご辛抱を。
真熊の充実感に満ちた様子を、どうか共感してやってください。



20181214_ドッグラン4

基本的には、犬にはまったく興味はなく、その飼い主さんたちに構ってもらいたい―― というスタンスの真熊だが、この日は人に遊んでもらうよちもドッグランの中を走り回ることのほうが楽しくて仕方なかったらしい。



20181214_ドッグラン5

珍しく、よその犬たちと一緒になってフィールド内を駆け回っていた。



20181214_ドッグラン6

しまいには、両サイドによその犬たちを従えて、その中心を “マイウェイ” と見立てているかのように駆け抜けるという、 完全に自分だけの世界に酔っているような姿まで見せていた。



20181214_ドッグラン7

普段は、ドッグランに連れて行っても、隅っこを歩きながらマーキングに勤しむばかりだというのに、この日は牧羊犬の如く終始走る、走る、走る・・・・



20181214_ドッグラン8

しかし、悲しいかな真熊も11歳。
そりゃ息も上がるというものだ。



すると、今度はフェンス越しに女子大生からチヤホヤされ始めた ―――


20181214_ドッグラン9

俺は毎日見ているので今さらなんとも思わないのだが、よその人から見ると、真熊のこのボリューミーなシルエットは珍しいものなのだろうか。

女子大生を相手に、自分の特権をフル活用するしたたかな真熊。



20181214_ドッグラン10

昨日の記事で紹介したとおり、お出掛け機会が激減してしまった今年の鬱憤を晴らすかのように、とにかく回遊魚(マグロとか)の如くノンストップの真熊であった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ドッグランを全力で楽しむ真熊にクリックを。



人気ブログランキング

久しぶりに広いフィールドを走り回った真熊。



【今日の一言】

相撲道を極めるのは尊いことだけど、人並みの常識すら備わらないのは本末転倒っすね。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊お出掛け | 02:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |