FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あばよ志熊

週の真ん中に、こんにちわ。

今度は日体大の陸上部(駅伝ブロック)の監督にパワハラ疑惑が飛び出しましたね。 もし報道の内容が真実だとすると、史上最強のクズってころですが・・・・ 局長です。



――― さて、長らくつづいた例のお話も、ようやく最終章。


20180912_あばよ志熊1

そう、お盆休みに訪れた “千葉の両親宅” でのレポート。

にいな稚葉の “夫婦(めおと)猫” ペアを残してきているので、どうしても一泊二日の弾丸ツアーで帰らなければいけない俺。



20180912_あばよ志熊2

夕飯まで “親父” と共にして、お盆の帰省ラッシュによる渋滞も緩和されたであろう22時頃にここを出発する予定で事を進める。



20180912_あばよ志熊3

真熊はしっかり晩ごはんを食べたというのに、それでも何かおすそ分けしてもらおうと俺の足元にまとわり付いている。



20180912_あばよ志熊4

寿喜は単に甘えたいらしく、テーブル裏面に顔をこすり付けながらも、無理やり俺の膝の上によじ登ってこようとする。



20180912_あばよ志熊6

志熊は親父から “リリース” されて、フローリングの上でのんびりしている。
さすがに親父も、筋肉質で重たい志熊を抱っこしながらの晩酌は体に堪えるらしい。



20180912_あばよ志熊7

少しすると寂しくなってきたのか、テーブルの真下に移動してくる志熊。
ちょうど大好きな寿喜もいるので、ベストポジションだと感じたのだろう。



20180903_志熊

寿喜は、しつこくマウントなどをされない限りは、“優しい叔父” として志熊を見守ってあげている様子だ。

偶然にも二匹とも実際よりも童顔に撮れてしまった。



20180912_あばよ志熊5

そうこうしている間にも時刻は流れ、いよいよここを後にしなければならない時間に。

親父がお土産用に収穫してくれていた野菜も車に積み込み、約3時間にわたる深夜の長距離ドライブへと旅立たなくてはならない。



20180912_あばよ志熊8

あばよ、志熊。
次は年始になるのか分からないが、また元気な姿で会おう。

年に2~3回程度しか志熊に会えないのは寂しいが、健康に育っていればそれで良し。



20180912_あばよ志熊9

こうしてお盆休みの千葉ツアーは無事に終了。
帰宅すると、にいなと稚葉がさほど歓迎している様子もなく出迎えてくれた。



ちなみに、何ゆえ二匹を残していくかというと ―――


20180912_あばよ志熊10

クローズ型ではない親父宅のキッチンでは、にいなが食べ物を漁ったりと悪行を繰り返し、“出禁” になってしまったのだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

千葉での二日間を楽しめた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

俺をたっぷり癒してくれた志熊にもポチっと。



【今日の一言】

何ゆえ日本のスポーツ界はこんなにも古い考えのパワハラ指導が横行しているのやら。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊の子供 | 02:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |