FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

掟破りの抹茶アイス

台風直撃の日に、こんにちわ。

今年は台風がやたら多く感じるのですが、気のせいでしょうか。 逆カーブだったり超スローだったり、“球種” もいろいろで対処が大変ですよね。 局長です。



――― さて、お盆休みに訪れた “千葉の両親宅” レポートを本日より再開。


20180903_抹茶アイス1

滞在二日目は、お昼頃から真熊と “志熊” の「冷めきった父子」を家の外へ連れ出し、“涼み台” の上でくつろがせていた。



20180903_抹茶アイス2

その横で俺は、黙々と大工仕事に精を出していた。

暑いには暑いが、やはり緑に囲まれた片田舎だからか、我が家で感じる暑さほどはジメジメしておらず、汗もさほどかかなかった。



20180903_抹茶アイス3

涼み台の上では、畑仕事をワンブレイクした “親父” がカップ状の何かを手に、犬たちの横に腰を下ろしていた。



アイスタイム” だ。


20180903_抹茶アイス4

そう、親父は食の細い志熊に、夏場はほぼ毎日のようにバニラアイスを分け与えている。
普通に考えれば決して褒められた行為ではない。



20180903_抹茶アイス5

だが、普段はドッグフードに対しては1ミリも興味を抱かない志熊も、バニラアイスは少量であれば自ら好んで食べる(舐める)というのだ。



20180903_抹茶アイス6

そう言われてしまうと、なかなか返す言葉がないのだが、なぜか真熊も一緒に食べさせてしまっているではないか。

しかも、二匹そろってものすごい勢いで舐め進めている。



20180903_抹茶アイス7

食べ終わった志熊だが、どうも先ほどから何か腑に落ちないような顔を見せている。

勘の鋭い読者のアナタならお気付きになったかもしれないが、なぜかこの日はバニラではなく「抹茶アイス」を与えていたのだ。



20180903_抹茶アイス8

我が家では間違ってもこんなものを食べることのできない真熊は、お皿から顔が抜けなくなってしまったのかと心配になるほど、一心不乱にアイスを舐めつづけている。



そして、お皿の “残り味” も消え去ったところで、ようやく顔を上げた。


20180903_抹茶アイス9

「この世にこんなに美味しいものがあるなんて・・・・」
とでも言わんばかりの、カルチャーショックでも受けたかのような顔をしているではないか。



こうして、親父の甘さによるアイスの甘みを堪能した二匹。


20180903_抹茶アイス10

口の周りを拭いてもらって、名残惜しさの中で「ごちそうさま」である。

【そこでクイズ】
Q.これは真熊と志熊のどちらでしょう?(答えはコメント欄に)






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

志熊に「アイスよりもメシを食え!」のクリックを。



人気ブログランキング

「親父の暴走」と「房総の親父」を掛けている。



【今日の一言】

少し前に気まぐれで訪れた「穏やかな陽気」は再来しないのかな。 猛暑とか台風はもういい。
 


20180809_天使の里親さん募集中

子猫の里親さんになってくれる人を大募集! 詳細は上のバナーを激しくクリック。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊の子供 | 03:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |