FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

涼み台の上のポメラニアン

木曜日の朝に、こんにちわ。

今度は体操協会でパワハラ騒動ですね。 つまり日本のスポーツ界にはパワハラや権力にあぐらをかく輩が蔓延っているんでしょうね。 東京五輪が迫っているのに。 局長です。



――― さて、本日もお盆休みに訪れた “千葉の両親宅” でのレポート続編を。


20180830_プレイバック1

滞在二日目。
お昼から外で大工仕事を始めた俺と共に、「適当に遊んでろ」と一緒に出された犬たち。



昨日の記事で、田舎特有のこんな “台” に犬たちが乗せられたことを綴ったが ―――


20180829_千葉の昼間8

この台、正式には “涼み台” というらしい。

親切な読者さんが教えてくれた。
ネットで調べても、やはりこれが正式名称なのだが、確かにそのとおりの名前である。



20180830_プレイバック2

ちょっと話が前後してしまうが、本日はその「涼み台」に犬たちが乗せられる直前の様子をプレイバックしてお送りしよう。

まずは、「お客」と遊ぶことよりも、“親父” の足元にいることを優先する志熊



20180830_プレイバック3

真熊だったら、お客さん最優先で遊んでもらおうとハイテンションになるのだろうが、その息子の志熊は大きく違っている。

お客が来ようが来まいが、親父に甘えることを最優先としているらしい。



20180830_プレイバック4

その後、真熊との合流や「親父ドッグラン」での走り込みなどを経て、例の「涼み台」でのシーンへと移るのだが、親父の中では涼み台に乗せる前の “鉄の掟” があるようだ。

足を拭くのだ。



20180830_プレイバック5

志熊につづいて真熊も入念に拭かれる。

確かに、この上に座るだけでなく、お菓子やお茶を広げる「食卓」の機能も兼ねる台なので、衛生面は大切なのだろう。



20180830_プレイバック6

どうやら志熊にとっては毎日のルーティーンみたいなものらしい。

親父が畑仕事をしている間は、ずっとこの上で待っているようなので、そのたびに足を拭き込まれているのだろう。



20180830_プレイバック7

この工程を経て、初めて犬たちは涼み台の上でくつろげるようだ。

犬たちの足を拭いた雑巾を、これまた丹念に洗う親父は、A型と見えて実はO型。
「血液型あるある」がまったく当てはまらないレアケースである。



20180830_プレイバック8

そのまま親父も涼み台に腰を掛けると思いきや、畑へ。
どうやら、俺にお土産として持たせる野菜の収穫を始めるらしい。



20180830_プレイバック9

こうして、真熊と志熊による父子の、微妙な距離感を保ったままの “涼み台ライフ” の記事につながるのであるが、俺はどうして話の順番を前後してしまったのだろうか。



20180830_プレイバック10

ちなみに、ほんの2年前はピーマンが植えられたばかりだった元花壇は、今年は壮大な “ゴーヤ畑” と化していた。

「沖縄県民か!」という勢いでゴーヤを栽培していた。



20180830_プレイバック11

その他には、ミニトマトやオクラ、ナス、ピーマンなどを。

本当なら俺の “主食” であるキャベツを栽培して、定期的に送り届けてほしいのに、何ゆえ俺がさほど好きではないゴーヤばかりを・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

房総の夏を楽しんでいるらしい真熊にクリックを。



人気ブログランキング

無邪気を絵に描いたような志熊にもポチっと。



【今日の一言】

東京五輪までにウミはすべて出し切ってほしいものですね。 何よりアスリートファーストだ!
 


20180809_天使の里親さん募集中

子猫の里親さんになってくれる人を大募集! 詳細は上のバナーを激しくクリック。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊の子供 | 03:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |