FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お盆休みの再会

新しい週に、こんにちわ。

先週の木・金曜日を社会復帰のリハビリ気分で過ごした人も、9連休でお休みだった人も、いよいよ今日から完全に日常へ引き戻されますね。 虚しさいっぱいの局長です。



――― さて、日常生活の再開なので、お盆休みのレポートを新たにスタート。


20180820_千葉へ1

愛車の2列目シートにケージをセットし、その中に寿喜真熊の仲良しペアをぶち込んだ俺は、『夏の日の1993』 を鼻歌レベルではなく、けっこうな本域で口ずさみながら発進、自宅を発った。



20180820_千葉へ2

時刻はお昼前。

お盆休みのど真ん中ということで道路は果てしない混雑かと思いきや、ビックリするほどスムーズに流れていた。



20180820_千葉へ3

従来、寿喜を外へ連れ出す場合は、小さなキャリーに入れて後部座席に乗せ、真熊は助手席でくつろがせているのだが、実は寿喜にとっては外の様子や景色も見えない中で延々とエンジン音の中で揺られつづけるのは、不安やストレスが大きいらしい。



20180820_千葉へ4

そこで、気心の知れた10年来の付き合いである真熊と共に、そこそこのサイズのケージに入れて、且つトランクではなくシートの上に載せてあげれば、外の景色もよく見えるので、ストレスを軽減しながら目的地へ向かうことができると考えたのだった。



20180820_千葉へ5

・・・・と、そこまで考えた上でやって来たのは、ここ。

縄張り意識か、ただの尿意か、到着するや否や気持ち良さそうに放尿する真熊。
その隣にはゴーヤが生っているが、決して沖縄まで車で乗り込んだわけではない。



20180820_千葉へ6

賢明な読者のアナタなら、もうお分かりだろう。

そう、“千葉の両親宅”。
すなわち外房の片田舎にある “親父” の家である。



20180820_千葉へ7

嬉しさが爆発して早く家に入りたいらしいが、尿意のほうが上回ってしまったらしい。
玄関先にマーキングという掟破りのご挨拶。



20180820_千葉へ8

すると、その様子を家の中から監視している黒い物影が。
その横には、またもゴーヤが。

しつこいようだが、決して沖縄まで高飛びしたわけではない。



20180820_千葉へ9

膀胱からすべての尿を放出したところで、満を持して家の中へと駆け出す真熊。
一刻も早く親父との再会を喜び合いたいのだろう。



だが、しかし ―――


20180820_千葉へ10

決してその再会を妨害しようというわけではないが、結果的にそうなってしまう無邪気な存在が、悪気もなくディフェンス。

真熊の長男、“志熊” である。



20180820_千葉へ11

本来なら血を分けた息子であるコイツとの再会を喜び合うものだが、むしろ迷惑そうな態度しか見せない父親失格の見本のような真熊。

というわけで、お盆休みに親父宅へ行ってきたのである。
しばらく、つづく・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

久々に登場の無邪気な志熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

このあと散々絡まれることになる寿喜にも是非。



【今日の一言】

一度でいいから一ヶ月くらい休んで南の島とかでバカンスしてみたい。 一生のうちに一度は。
 


20180809_天使の里親さん募集中

子猫の里親さんになってくれる人を大募集! 詳細は上のバナーを激しくクリック。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊の子供 | 02:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |