FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

猫メンチ

日曜日の朝に、こんにちわ。

熱は下がったものの喉の痛みが引かず、それどころか森進一みたいな声になってしまっている局長です。 『冬のリヴィエラ』 を唄ったらサマになりそうです。



――― さて、一ヶ月ほど前、つまり6月のある日のお話。


20180715_メンチ合戦1

まだ夜になると肌寒さを感じることすらあったこの頃、仕事から帰宅すると稚葉が決まって膝の上に飛び乗ってきていた。



20180715_メンチ合戦2

飼い猫歴4年を経て、ようやく人並みに甘えることができるようになったらしい。
とはいえ、不意に近づこうとすると途端に逃げ出してしまうが。



20180715_メンチ合戦3

性格の気難しさも相変わらずである。
「犬猿の仲」である寿喜とは、未だに顔を合わせるたびに小競り合いを繰り返している。

耳も角(つの)のように尖っている。



20180715_メンチ合戦4

最近は、暑さ対策のために全開にしているお風呂場の窓(格子付き)から常に外を眺めているが、今もなお外の生活に戻りたいと思っているのだろうか。



20180715_メンチ合戦5

戻ったら最後、その日一日メシが食えるか否かの生活に逆戻りするだけなのに。
そろそろ飼い猫としての人生(猫生)を全面的に受け入れてほしいものだ。



20180715_メンチ合戦6

こうして、不器用ながらも必死に甘えて乗っかった俺の足の逆側には、稚葉とは文字どおり正反対で根っからの甘えん坊の寿喜の姿が。

稚葉と違って、不意に近づこうか、いきなり足をつかもうが、されるがままの天然猫である。



20180715_メンチ合戦7

しかし、お互いに性格が正反対であることは自覚しているようで、とにかく反目し合う。
常に一触即発の緊張状態を保っている感じだ。

こうしてニアミスが起きてしまうと、すぐにメンチを切り合い、臨戦態勢に。



20180715_メンチ合戦8

平和主義者でいつも穏やかな寿喜なのに、稚葉に対してだけはこんな特別な顔を見せてしまったりする。

ある意味 “特別な関係” なのかもしれない・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

↑まだしばらく不具合は解消されないらしい。



人気ブログランキング

こっちは正常稼働中。 連休中も応援のクリックを。



【今日の一言】

このまま声が治らなかったらどうしよう。 森進一の声マネで生きていくしかないのかな。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 の夏キャンペーン、今日が最終日ですよ! 

| 日常 | 05:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |