FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

笑顔の採血 | 春のワクチン祭り ~ 真熊・中編

二日つづけて雨のない朝に、こんにちわ。

今週の関東地方は梅雨のワンブレイクみたいな天候らしいですね。 日曜日のうちに庭の雑草に除草剤を撒いておいた俺の判断は我ながらナイスです。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、“春のワクチン祭り” レポートの大トリ。


20180626_ワクチン接種1

先日、犬猫飼いにとって年に一度の責務であるワクチン接種に、我が家の犬猫計4匹をまとめて連れて行くという新たなチャレンジに打って出た俺。

稚葉にいな寿喜という順に猫3匹のワクチンを終え、ついに大トリである真熊の番に。



20180626_ワクチン接種2

触診や聴診器による診察を終え、血液検査による健康診断へ。

先生がその準備に取り掛かっているので待たなければならないのだが、診察台の上は多少の恐怖感があるようなので抱っこ。



20180626_ワクチン接種3

過去、この血液検査のための採血がスムーズに運んだ試しはない。

ただでさえ血管が細くて見つけづらい上に、このアルパカのような毛量が邪魔をして、なかなか上手くいかないのだ。



20180626_ワクチン接種4

前脚の左右、後脚の左右と、四肢のすべてでトライすることも多々あった。
前段の駆血帯を巻くだけでも、毛が邪魔をしてひと苦労なのだ。



20180626_ワクチン接種5

それでもなんとか血管を見つけ出して採血を始めるのだが、やはりスムーズに血が出てこない。



20180626_ワクチン接種6

フィラリアの感染チェック、心臓周りの検査も含めた健康診断と、それなりの血液量が必要なのに、やっぱり今年も出し惜しみしてくる真熊の血管。



20180626_ワクチン接種7

本当は注射針が痛いはずなのに、恐怖で感覚が麻痺してしまっているのか、なぜか会心の笑顔を見せる真熊。

むしろ楽しそうにすら見える。



20180626_ワクチン接種8

結局、左右の前脚ではフィラリア検査の量しか採血できなかったので、後脚からも採ることに。
毎年のことながら、何度も痛い思いをさせてしまい、いたたまれない気持ちになる。



20180626_ワクチン接種9

後脚からの採血に際しては、最初から周辺の毛にバリカンを入れる。
毎年思うのだが、それなら前脚にも同じようにすればいいのだが、なぜか決まって後脚だけだ。



20180626_ワクチン接種10

本当ならVT(看護師)さんが犬の保定をするのだが、いかんせんカメラを渡して撮影をお願いしてしまっているので、俺が真熊を抱きかかえる。

よくよく考えると、俺が普通に写真を撮ったほうが自然なのに、いつからこういったフォーメーションになったのやら・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

なぜか笑顔で採血を頑張る真熊にクリックを。



人気ブログランキング

今年もなかなか血が採れずに苦戦中・・・・



【今日の一言】

「海の日」前後まで、あと一ヶ月弱は梅雨がつづくんですよね。 天然パーマには辛いです・・・・
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 真熊 | 08:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |