FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サタデーナイトの欲求

火曜日の朝に、こんにちわ。

安室奈美恵が引退ライブを終えたそうですね。 俺が社会人一年目のときにアムラーブームが巻き起こったので、ずいぶん長く第一線で活躍していたんですね。 局長です。



――― さて、少し前の週末、サタデーナイトのお話。


20180605_とある組織1

世の恋人たちが愛を育む土曜日の夜。
しかし真熊にとっては、毎週「用事」があってスケジュールが埋まっている時間帯。



20180605_とある組織2

そう、俺が局長を務める「とある組織」の活動に同行しなければならないのだ。

何度も綴っているが、俺がどうしても連れてきたいわけではなく、完全に自分も一緒に行くものだと玄関先でスタンバイしているから、連れて来ざるを得ないだけなのだ。



20180605_とある組織3

この日は幸いにも人数的に “余り” が生じていたため、常に誰かに構ってもらえていた真熊。
足元でお腹を出して、なでてもらっていた。



20180605_とある組織4

急所でもあるお腹を撫でられることが好きではない犬も多いと思うが、真熊は不思議と幼少の頃からこれが大好きで、むしろ相手が誰であっても自分から「おねだり」をしてくる。



20180605_とある組織5

しかも、その相手の撫でる「テンポ」や「力の強さ」などがちょうど自分の好みと合致した場合は、早々に眠気をもよおしてしまう。



20180605_とある組織6

この日は、一年間で20kgほどのダイエットに成功した “元おデブの兄さん” によるマッサージ技術が素晴らしかったらしく、すぐに夢心地みたいな顔つきになっていた真熊。



20180605_とある組織7

できれば元おデブの兄さんには、このままずっとお腹を撫でつづけていてほしいのだった。
そして、空いているほうの手では、背中もかいてほしかったのだ。



20180605_とある組織8

結局、“敏腕マッサージ師” としての才能を開花しつつあった元おデブの兄さんは、組織の活動へと戻っていってしまい、今度は代わりに別の相手が。



20180605_とある組織9

しかし、その女性は背中をかいてくれることも、お腹を撫でてくれることも一切せず、ひたすら写真を撮ろうと目論んで、スマホをイジリ倒していた。

不満だったのか、ビックリするほどの無表情で、絶対にカメラ目線を送らない真熊。



20180605_とある組織10

さらに、先ほどのマッサージが尾を引いて、眠気が収まらない。

四の五の言わずに、ただひたすら背中をかいてほしい、もしくはお腹を撫でていてほしいだけの、贅沢なサタデーナイトを過ごしたい真熊なのであった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

お腹を撫でてほしいだけの真熊にクリックを。



人気ブログランキング

写真を撮られることには一切興味がない・・・



【今日の一言】

25年間、体型もパフォーマンスもずっと変わらない安室ちゃんて、そりゃカリスマですよね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 真熊 | 03:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |