熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春の白目祭り

新しい週に、こんにちわ。

プロ野球の交流戦が2カード終了しましたが、すでに上位6チーム中5チームがパ・リーグという予想どおりの展開になっていますね。 どうなってんだ、この実力差は。 局長です。



――― さて、一週間ぶりの再開になるが、今さらながらの4月30日(祝)のお話。


20180604_スマイリー1

GW前半戦の最終日に、実に久しぶりとなってしまった行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)を訪れたレポート。

前回の振り返り >>> 2018.05.28 『欲求と抑制の交差



20180604_スマイリー2

俺がオーダーした “明太子とチーズの石焼ビビンバ” が先に届いてしまい、激しい焦りを見せていた真熊だが、ようやく自分用のメニューも出てきた。

たしか、イノシシ肉のハンバーグだったと思う。



20180604_スマイリー3

散々「待て」だの「お手」だの「伏せ」だのといったルーティーンを繰り返させて、長い「おあずけ」を経て、ようやく実食に。



20180604_スマイリー4

「ヨシ!」の合図とほぼ同時にスプーンの上のお肉は消えていた。
あまりに一瞬の出来事ゆえに、俺も完全に写真を撮り損ねていた。



20180604_スマイリー5

それでは俺もブログの更新に差し支えが生じてしまうので、2セット目は再び「待て」をさせて、しっかりカメラを構えた上で「ヨシ!」の合図を出すことに。



20180604_スマイリー6

しかり、やっぱり一瞬。
カメレオンが舌で虫を捕食するような瞬殺で、シャッタースピード的にもこの写真が限界だった。

目も血走っている感じだ。



20180604_スマイリー7

そこから、あれこれと悪戦苦闘しながらも撮影をつづけ、撮れた写真がこれら。

ちょっと「おあずけ」を長引かせ過ぎたらしい。
がっつきぶりが飼い犬のレベルをはるかに超えてしまっていた。



20180604_スマイリー8

すると、先客の犬たちにも配膳していた “店長” がようやくやって来て “食べさせてあげる” サービスをしてくれることに。

再び「待て」が始まってしまった真熊。



20180604_スマイリー9

白目が見えるくらいに目を見開きながら肉を食らう。

別に2~3日絶食していたわけではない。
毎日ちゃんとごはんを食べているのに、この食いっぷりだ。



20180604_スマイリー10

11年も一緒にいるのに、「真熊ってこんなに目が大きかったんだ・・・・」 と勘違いしてしまうほど、この日は白目を見せつけられたのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ようやくお肉を食べられた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

GW特典だったのかな、この白目ぶり。



【今日の一言】

交流戦のセ・リーグ最上位がヤクルトという “ねじれ現象” も不思議だ。 巨人はやっぱり・・・
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| ドッグカフェ | 01:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |