FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ジェラシー女房

火曜日の朝に、こんにちわ。

花粉症って、実は日本だけでなく海外でも存在しているの知っていますか? スギ花粉が日本特有なだけで、各国それぞれの植物によるアレルギーがあるんですって。 局長です。



――― さて、少し前の週末のお話。


20180409_猫ジェラシー1

まだまだ肌寒さが残る陽気だが、気密性がスッカスカで最悪の我が家では、より寒さを感じることとなり、猫たちも未だにかまくら型ベッドの中で冬眠状態である。

そんな中、偶然かまくらの外に出ていた稚葉が何かに気付いたようだ。



20180409_猫ジェラシー2

この思わず二度見してしまうようなおかしな光景に。

毎日ゝルーティーンのように必ず小競り合いを繰り返す “犬猿の仲” であるにいな寿喜が、同じかまくらの中で寝ているのだ。



20180409_猫ジェラシー3

その経緯など見ていなくても、ここに至ったフローは手に取るように分かる。

まずは、にいなが一人で気持ちよく寝ていたが、そこへにいなを抱き枕にして暖を取ろうと寿喜が強引に潜り込んでいったのだ、間違いなく。



20180409_猫ジェラシー4

しかし、本日の論点はそこではない。

「犬猿の仲の二匹が一緒に寝てる」などはどうでも良くて、普段なら自分がにいなを抱き枕として独り占めできるはずのメス猫が、ジェラシーの極致に達してしまっていることだ。



20180409_猫ジェラシー5

相手はオス猫なのだから、不謹慎な関係を疑っていることはないだろうが、にいなの真横というベスト “ホット” ポジションを奪われてしまった稚葉の怒りは、最終的には寿喜ではなくにいなに向いてしまっていた。

人も犬も、愛情とジェラシーは表裏一体の関係になるのだな。




【期間限定企画】 局 長 は 今 ・・・・





ちょっといろいろ諸事情がありまして、チェコ共和国はプラハ市街におります。
探さないでください・・・・

でも、プラハで見かけたら声を掛けてください。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

稚葉に恨まれる羽目になった寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

ジェラシーに駆られたメス猫にもポチっと。



【今日の一言】

花粉症は世界各国にあるものの、マスクで予防するのは日本独特の文化みたいですね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 02:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |