FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

禁断の夫婦が誕生 2018

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

お湯が出ました。 三日ぶりに。 否(いな)、今日のお昼を過ぎても出なかったので、ボイラーの出湯口から屋内への引き込み口辺りに熱湯を掛け続けるという荒行で強引に凍結を溶かした感じです。 お湯が出るって幸せですね、局長です。



――― さて、ペットブログの「熊猫犬日記」であるのに、動物と一切関係のないお話を。


20180127_祝☆つのだ1

昨日、つまり1月26日のこと。

誰もが忙しなく働いている金曜日だというのに、俺は仕事を休んで錦糸町のある場所で、ちょうどお昼ごはんに当たるコース料理を食べようとしていた。



20180127_祝☆つのだ2

同じテーブルには、俺が局長を務める「とある組織」のうだつが上がらなそうな面々も。

当然だが、彼らも仕事を休んでここにいる。
「スーパーフライデー」とは関係なしに、有給休暇を行使しての集合である。



Why? なぜに ―――


20180127_祝☆つのだ3

実は、こんなことが起きていたのだ。

当ブログの賢明な読者であるアナタなら、この顔を忘れるわけがなかろう。
そう、「つのだ☆ひろ似の大工」としてお馴染みの “こんこん” が、調子こいて「結婚」という暴挙に出たのだ。



20180127_祝☆つのだ4

お相手は、これも何度か紹介はしていると思うが、当ブロブの読者である某女性。

「え!? そんなことあったっけ?」 という人は、以下の記事を復習してみよう。
>>> 2016.05.22 『今年最初の自宅BBQ



20180127_祝☆つのだ5

彼女が “デパガ” という職業柄、土日にお休みした挙句、上司をご招待するようなことが難しいため、掟破りの平日挙式となったのであった。

この二人の関係に大きな影響を及ぼしている俺は、ウェルカムボードを制作させられた。



では、まったく必要ないと思うが、その制作過程を振り返ってみよう ―――


20180127_祝☆つのだ6

まずは、額縁とも言えるフレームを用意する。

購入しても良かったのだが、つのだプロが大工ということもあり、彼に自作してもらった。
透明のアクリル板も切り出して、はめ込んでいる。



20180127_祝☆つのだ7

木の素地のままなので、もう少し風合いを出すべく、加工することに。

まずは、サンディングという紙やすり掛け。
「#240」の紙やすりで表面をツルツルに仕上げていく。



20180127_祝☆つのだ8

俺は後悔していた。

仕事柄、「サンダー」という電動のやすりを所有しているつのだプロに、ここまでの作業を頼んでおくべきだったと。



20180127_祝☆つのだ9

サンディングが終わったところで、細かな「おがくず」を拭き取り、『BRIWAX』 という着色を兼ねたワックスを塗り込んでいく。



20180127_祝☆つのだ10

前回の「木箱づくり」では、BRIWAX掛けの前に「ステイン」でも着色したのだが、今回はヴィンテージ調に仕上げるわけではないので割愛した。



20180127_祝☆つのだ11

縦長部分が木材の素地で、横長部分がBRIWAXを掛けた状態。
これではまだまだ色も風合いも薄いので、この作業を二回、三回と繰り返す。



20180127_祝☆つのだ12

何重にもワックスを塗り込み、硬化するまで時間を空ける。



20180127_祝☆つのだ13

硬化したところで、今度は「たわし」で磨ぎ込んでいく。

この磨き込みが大切で、時間と手間を掛ければ艶が出てくるのだ。
見よ、この輝きを。



20180127_祝☆つのだ14

その裏で、二週間くらい要してウェルカムボードのデザインも進めていた。

直前で先日の大雪が起こり、印刷業者からの納品が遅れるというハプニングもあったが、なんとか手元に届いた。



20180127_祝☆つのだ15

そして、ワックス掛けが完了したフレームにセットして完成。

ちなみに、つのだプロと奥さんは、共に “直” という文字が名前に付くので、それをあしらったデザインに仕上げてみた。



20180127_祝☆つのだ16

――― ということで、つのだプロの挙式レポートに戻ろう。

教会での挙式を終えて、披露宴に。
「ケーキ入刀」でのお約束、「ファーストバイト」も見せ付けられていた。



20180127_祝☆つのだ17

この二人が出会った頃は、つのだプロの当ブロブにおける露出も増えており、他にも「紹介」を兼ねたような “お見合い企画” を開催したりして、彼自身が天狗になっていた時期もあったが、結局はこうして二人の関係は落ち着き、晴れてこの日を迎えることができた。



20180127_祝☆つのだ18

平日であっても、なんら問題なく参列できてしまったとある組織の面々。
きっと仕事では重要なポジションに就いていないのだろう。



お色直しは、和装だった。


20180127_祝☆つのだ19

そういえば、とある組織のモテない男性メンバーが、当ブロブの女性読者と結婚するという「暴挙」はこれで二回目となるが、今回は前回のアレと違い当ブログの存在が不自然なまでに伏せられるようなこともなく、二人の馴れ初めについても 「新婦が○○(局長)さんの綴るペットブログのファンで、その縁で出会った」 と正しく紹介されていた。



20180127_祝☆つのだ20

その上、「感謝の気持ちを表したい」と、前に出されて “パセリで作ったブーケ” を渡された。

奥さんの実家で栽培しているパセリらしいが、かさばるし、料理での汎用性も低いし、“ありがた迷惑”ってこういうことを言うんだなと痛感したりしていた。



ちなみに、つのだプロはこのたび婿養子となった。


20180127_祝☆つのだ21

これまでの苗字から、新たな名前を名乗ることになったので、もう “こんこん” とは呼べなくなってしまったのだ。

とはいえ、これで一家の主となったつのだプロ。
お幸せに。 そして頑張れよ!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

つのだプロの結婚に「おめでとう!」のクリックを。



人気ブログランキング

婿養子となって苗字が変わる “旧こんこん”。



【今日の一言】

念のために言っておくが、当ブログは “出会い系サイト” じゃねぇぞ! 肝心な俺には??
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 局長 | 16:58 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ