FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

年末の公園での不思議

土曜日の夕方に、こんにちわ。

星野仙一さんの死去が未だに衝撃すぎて、動揺しています。 プロ野球関係者の方々は尋常じゃなく騒然としているでしょうね。 現場を離れると優しいイメージでしたよね。 局長です。



――― さて、年末の他愛もないお話を。


20180106_真熊1

「お休みの日くらい」と、夕方の明るい時間帯に真熊を散歩へと連れ出した。

普段の平日は辺りも真っ暗な深夜の散歩になってしまうので、真っ黒い真熊の姿はまったく視認できなくなってしまうのだが、夕方であればこうして写真も撮れるのだ。



20180106_真熊2

ちなみにこの日は石原さとみの誕生日、つまり12月24日の日曜日だったのだが、なぜか世間ではやたらと赤いコスチュームを着た輩が多かったので、俺もつられて真熊にも赤い服を着せてしまった。



20180106_真熊3

まずは行き付けのショッピングモールをチェック。

昨年は異常気象に日本全体が踊らされたが、おかげで野菜価格の高騰が激しいこともあり、このお店の人気が急激に上がってしまった。



20180106_真熊4

結局、この日もキャベツやほうれん草は買い占められていて、野菜のそれとは別に、俺の収穫はゼロ。

上手いこと言っているようだが、心の中は悔しさでいっぱいだった。



20180106_真熊5

その足で、“近所の公園” へ。
冬の公園は緑がまったくなくなり、茶色一色の悲しい雰囲気なので、あまり好きではない。



20180106_真熊6

しかし、普段は人っ子一人いないことが、逆にこの公園の特色となりつつあるというのに、なぜかこの日はキッズたちがたくさんいた。

老人の街と化したこの地域に、まだこんなに子供がいたなんて。



20180106_真熊8

女子たちも。

サンタさんとかいう善意の老人がやって来るのはこの日の夜のはずだから、まだおもちゃ等はゲットしていないだろうに、何をこんなに集合しているのやら。



20180106_真熊9

でも、無類の人好きのくせに、キッズにはあまり興味を示さない真熊は、やっぱりテンションを上げることもなく、ほぼスルーだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

近所の散歩ではこんな顔の真熊にクリックを。



人気ブログランキング

そして人好きのくせにキッズには興味を示さない。



【今日の一言】

今日は「とある組織」の活動始めでやんす。 もちろん真熊にとってもね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 真熊 | 16:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ