FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

冬キャンプ 2017

極寒の朝に、こんにちわ。

石川梨華の旦那をFAで獲得した人的補償で高木勇人が西武へ。 一昨年のローテーション投手なのに何ゆえプロテクトしていなかったのか。 巨人の話です。 局長です。



――― さて、昨日からのつづきで、12月9日(土)のお話。


20171219_テント張り1

当ブログでもお馴染みの “カディ&カナちゃん” 夫妻に誘われて、冬キャンプをご一緒するこっとなった俺と真熊

いろいろあって遅れてしまい、13時少し前に到着するや否や、テントの設営に取り掛かる。



20171219_テント張り2

その間、真熊は一人で時間つぶし。

前回は車の中に放置してしまったことで、テントを張り終えた後もテンションが一向に上がってくれなかったという反省も踏まえ、今回は自由にさせておくことに。



20171219_テント張り3

カディ夫妻という「俺以外の遊んでくれそうな人間」がいることで、すでに楽しそうだ。

当然、設営作業に精を出す俺を見守るなんて考えは1ミリもなく、鉄砲玉のように飛んで行ってしまった。



20171219_テント張り4

まずは辺りの探索。
このエリア一帯を自分の縄張りに収めるべく、ニオイを嗅いで回る真熊。

その真熊のニオイを嗅いで回る変態ニオイフェチ犬菩提” 。



20171219_テント張り5

そこには誰もいない。
菩提も何も存在しない。

真熊の中では、自分の周囲に存在するものなど何もない設定になっているらしい。



20171219_テント張り6

人間でもここまで見事な「シカト」はしないだろう。
意識の根底から完全に菩提を遮断している。



20171219_テント張り7

それでもマンツーマン・ディフェンスで真熊について回る菩提を(結果的には)引き連れたまま、カディ夫妻のテントへと方向転換。

周辺のニオイチェックも終わったところで、本格的に遊んでもらおうというのか。



20171219_テント張り8

と思いきや、そのまま当たり前のようにテントの中へと入っていく真熊。

中から「もぉ~、まぐちゃん土足で上がらないで!」という声が漏れ聞こえてきていた。
節操がなさ過ぎて申し訳ない限りだ。



20171219_テント張り9

カディのテントを追い出されてしまったが、ひとしきり探索も終えたらしく満足げな笑顔。

その後ろには相変わらず付かず離れずの生き物が見え隠れするが、尚もそこには何もいないという態度を貫き通す真熊。



しかし・・・・


20171219_テント張り10

そんな鬼対応にも限界があったらしい。

これだけの時間と工程を経て、ようやく菩提と向かい合う。
菩提も「待ってました」とばかりにテンションが上がり始めていた。


つづく。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今回も付きまとわれる真熊の怒りにクリックを。



人気ブログランキング

相変わらずスッポンのようにしつこい菩提。



【今日の一言】

巨人・・・・ こうやってFAでよそから選手をかき集める代償で生え抜きが流出してしまうんだ。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 真熊のキャンプ | 07:31 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |