熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

テンション低めのルーティーン

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

最近ようやく秋晴れがつづいてくれて、昼間はぽかぽか陽気ですが、15時あたりから一気に寒くなりますよね。 冬将軍の野郎が今か今かと待ち構えてる感がしますね。 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、今週も恒例のこのレポートを。


20171112_とある組織1

そう、日曜日といえば、その前夜、サタデーナイトにおける真熊のルーティーンの様子をお伝えするのが、なんとなく定番化しているはずだ。

昨日も当たり前のように俺が局長を務める「とある組織」の活動にくっ付いて来た真熊。



20171112_とある組織2

ヘルニアの前兆傾向が再発して、今なお毎週通院している俺だが、最近はその予防の一環としてボールを使ったエクササイズを義務付けられている。

アライグマの千寿は、自分の体と同じくらいの大きさのボールでよく遊んだものだが、真熊はまったくといっていいほど興味を示さない。



20171112_とある組織3

ボールでは遊ばなくとも、組織の活動が終わった後は、とりあえずメンバー全員とのコミュニケーションを取るべく、慌ただしくなる。



20171112_とある組織4

とりあえず、ほぼ全員の元へ挨拶回りを行い、お腹をなでてもらう。

しかし、残念ながら昨夜はメンバーも少なく、さらにはいつもと変わり映えしない顔ぶれだったためか、テンションは低空飛行のままだった。



20171112_とある組織5

ちなみに真熊にとっては、外でよその人に会うことよりも、自宅によその人が遊びに来ることのほうが嬉しいのだ。

我が家にお客さんが来ようものなら、血管がブチ切れるくらいのハイテンションを見せる。



20171112_とある組織6

自分の落ち着けるフィールド(ホーム)に、よその人を迎えて遊べるというシチュエーションがたまらないのだろう。



そうこうしていると、帰る時間に ―――


20171112_とある組織7

この日はボールを始めとする荷物が多かったので、真熊を抱っこできなかった。

そこで、用具を入れているバッグを広げて「イン!」と指示してみると、いつものキャリー同様にちゃんと入ってくれたので、このまま運搬したのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

テンションが低くとも毎週参加する真熊にクリックを。



人気ブログランキング

そして「イン」のコマンドでどこにでも入る。



【今日の一言】

寒いと毎日の真熊の散歩すら億劫になるので、今年は暖冬になってほしいものだ。
 

| 真熊 | 15:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ