熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

淡い期待と悲しい現実

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

今日は久しぶりに太陽が顔を出しています。 思わず「久しぶりじゃん、どこ行ってたのよ?」なんて声を掛けてしまいそうになりつつ、急いで洗濯機を回しています。 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、真熊の様子をほぼライブにて。


20170909_真熊1

14時まで眠りつづけて、一週間分の寝不足を完全にチャージした俺は、急ぎ真熊を放尿がてら外へ連れ出した。

今年は「自宅ドッグラン」が尋常じゃない雑草被害に苦しんでいるのだが、庭だけでなく敷地の周囲にも、えらい繁殖力で生えまくっている。



20170909_真熊2

除草剤で駆逐してやりたいのに、週末に限って雨ばかりでどうにも叶わなかったのだが、先日の日曜日が珍しく晴れていたのでようやく散布できた。

その効果が少しずつ出てきて、ついに雑草どもが枯れ始めてきた。



20170909_真熊3

そんな小さな喜びを感じている俺とは対照的に、実につまらなさそうな顔を見せる真熊。

今年は夏から雨ばかりで、毎日の散歩もままならない日々がつづいたし、あまりお出掛けもできていなかったので、俺としても真熊に申し訳なさを感じていた。



20170909_真熊4

しかし、俺がゴソゴソとある動きを見せると、何か始まるのかと急にテンションが上がり出して笑顔になる真熊。

どうやら何もない毎日に心底退屈しているらしい。



20170909_真熊5

さっきまでの開いているのか閉じているのかさえ分からなかった目も、大きくパッチリと開く。

どこかへ連れて行ってもらえると思っているのか、それとも何か楽しいことが始まると思っているのか、様子をうかがいながらついて来る。



20170909_真熊6

こんな笑顔で期待されると尚のこと申し訳ないのだが、真熊が楽しむようなことは何一つ予定していないのだ。

一週間分の洗濯と、もう一つ面倒な仕事をしようとしているだけなのだが・・・・



20170909_真熊7

どこへ行くのも一緒である俺の「相棒」、“テント” の後片付けである。

現在レポートが進行中の “日帰り伊豆ツアー” で、多々戸浜の砂が大量に付着してしまっているので、水で洗い流して天日干しをしなければならなかった。



20170909_真熊8

これで今年の役目を終え、来年の夏フェスや「会いましょう」企画まで休眠期間となるテント。
ありがとうよ、楽しかったな。

そんなこんなで、真熊にとってはいつもと変わらない土曜日にしかならないのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

何か楽しいことを期待してしまった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

このテントも長年使い続けて重宝しまくっている。



【今日の一言】

涼しくなってきたし、来週あたり久しぶりにドッグランにでも連れ出してやろうかな。
 

| 真熊 | 16:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ